タグ:小田氏

  • 北条氏直とは~小田原 北条氏第5代当主

     北条氏直(ほうじょううじなお)は、相模の戦国大名で小田原城主、後北条氏の第5代当主だ。  生年は1562年で、父は第4代当主の北条氏政、母は正室・武田信玄の長女(黄梅院)、小田原城で誕生した。  戦国大名・北条…
  • 筑波・小田城~常陸小田氏の本拠地

     インターネット上での記録が失われそうですので、下記の留めておく事に致しました。  茨城県つくば市にある国指定史跡「小田城」と、常陸の大名「小田氏」の記録です。 小田城(茨城県つくば市小田)  源頼朝に従い…
  • 多気山城と多気氏の関係は?

     質問回答編とは?  当方関連サイトにお寄せ頂きましたご質問などに対して、相模原の歴史研究会所属会員が回答するものです。古い歴史にはわからないことが多いですので、もちろん歴史認識の違いや間違えなどがあるかも知れませ…
  • 筑波・神郡の名刹「普門寺」

     インターネット上での記録が失われそうですので、下記の留めておく事に致しました。  茨城県つくば市神郡(かんごおり)にある名刹「普門寺」の記録です。  たまに普門寺境内を散策する方も見られます。 (さらに&hel…
  • 沼田竜替城(茨城県つくば市沼田字竜替)

     沼田要害城は、つくば市にある筑波山(876m)の麓(ふもと)の沼田地区にある、燧ヶ池(三角池)のすぐ北側の高台がその場所だ。ただし、高台と言っても比高はわずか5mほどである。  沼田地区は標高20m(推定)であり…
  • 小田氏の存亡~常陸・小田家の命運

    小田家最後の大名・小田氏治  戦国時代末期に小田氏は滅びることになるが、その最後の当主となった第15代小田氏治(おだうじはる)について、記録を残しておきたい。  小田氏治(1534年~1602年1月6日)は、父で…
  • 梶原政景(梶原景国)とは

     大田資正の子である梶原政景(梶原景国)も父・大田資正同様、もしくはそれ以上と評価が高い武将である。    父・太田資正と共に、梶原景国(梶原政景)は佐竹の庇護を受ける事になったが、父と独自に小田氏治とも戦をしている…
  • 岩槻城主・太田資正と太田氏資と岩槻城訪問記~岩槻城の戦い

     太田資正(おおたすけまさ)、太田三楽、太田三楽斉、太田三楽斎、太田三楽斉道譽  1522年~1591年  岩槻城の太田氏  太田資正は名将・太田道灌の曾孫にあたり、弱小勢力ながらも知勇兼備の将として名を馳せ…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2.  淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。  父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  4. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  2. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  3. 錦帯橋(きんたいきょう)は、国の名勝で「日本三名橋」「日本三大奇橋」とも選ばれています。 初代…
  4. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る