高天神城(鶴舞城)の訪問記・写真集~徳川と武田の攻防最前線の城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 高天神城の標高は、一番高い所で132m。麓からの比高は約100m。
 城の構造としては連郭式山城ですが、平山城と言っても良いくらいです。
 しかし、この辺りは低い山地帯となっており、高天神城を制した者が遠江を制すると言われた、重要軍事拠点でした。

 

 北側の搦手からは登山道が整備されています。
 毎度ですが、各写真はクリックすると拡大します。

 スポンサーリンク


 

 その搦め手から階段を登って行くと、井戸曲輪手前に「三日月井戸」があります。

 

 井戸と言うよりは、水の手で、岩肌(緑のコケが生えている付近)から今でも水が少しずつ湧き出ている感じです。
 戦国時代の山城は、このような水源があるからこそ、籠城するのに適した山城として使われるのです。
 地面に白く見えるのは雪ではなく、コンクリートです。
 誰が入れたのか「金魚」が泳いでいました。エサはどうしているのでしょう?

 

 上記写真は本丸と西ノ丸に挟まれた中間地点となる「井戸曲輪」の手前から撮影した写真です。

 

 高天神城は、西側になる「西ノ丸」と東側となる「本丸」にと主に2つに別れる連郭式です。

 

 まずは「井戸曲輪」です。

 

 井戸曲輪と言うくらいですので、本当に「井戸」があります。

 

 井戸は武田勢が占拠してから掘られたものと考えられますが、結構、深そうな井戸でした。

 

 西の丸には、現在「高天神社」が建立されています。
 その神社裏手に廻り込んで、下記の「堀切」を抜けて行くと、馬場平に出ます。

 

 

 

 馬場平は上記のように、見晴らしも良かったですよ。
 そして、また神社の方に戻って、今度は「堂の尾曲輪」方面に向かいます。

 

 

 まずは二の丸です。高天神社脇の低い所となります。

 

 二の丸のすぐ近くが「袖曲輪」と記載されていました。

 

 袖曲輪から西側にちょっと降りると、武田勝頼が攻めた際に、二の丸を守備していて鉄砲に撃たれた本間八郎三郎氏清・丸尾修理亮義清の兄弟の碑がありました。

 

 下記は堂の尾曲輪と堀切・切堀などの写真、7連発でどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 土塁やら堀切、そして、郭・曲輪と、稜線なんですが、保存状態も良く残されていますので、見ごたえありました。
 そして、井戸曲輪に戻って、今度は「本丸」方面へ行ってみました。

 

 上記写真の上の台地が本丸です。

 

 上記はその本丸への虎口ですね。結構、道幅もあります。

 

 

 

 上記の通り、本丸には社も建っておりました。

 

 上記は、本丸のすぐ脇にある御前曲輪ですが、天守台?跡があります。
 これは、昭和9年に地元の方が「模擬天守」を作った土台跡でして、落雷で焼失してからはこんな状態らしいです。

 

 御前曲輪からは展望も良かったですよ。

 
 本丸と井戸曲輪の間には、本丸から一段下がったところに「的場曲輪」があります。
 その的場曲輪から石窟に行けます。

 

 石窟は遠いのかな?と思いましたが、すぐ近くでした。
 大河内源三郎が8年間閉じ込められた2畳くらいの大きさの牢屋ですね。
 ちっょと前までは中が見えるようになっていたようですが、現在は危険なようで封鎖されていました。

 

 しかし、高天神山の山肌はかなり急峻で、斜面をよじ登る事はかなり難しく、そういう意味で防御面で優れた難攻不落の城です。

 → 高天神城の歴史や、高天神城の戦いに関してはこちら

 → 高天神城への行き方・駐車場・観光所要時間などはこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…

人気の戦国武将

  1. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。 今川義元の大軍に、…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る