沢彦宗恩~織田信長を養育し参謀になった僧


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 沢彦宗恩(たくげんそうおん)は、臨済宗妙心寺派の僧。沢彦宗恩の生年は不詳。

 卍元師蛮の「延宝伝灯録」によると、若い頃は各地を行脚して、妙心寺東海派の泰秀宗韓の元に辿り着き、修行すると泰秀宗韓より印可を受けた。
 妙心寺第一座となるが辞した後は美濃・大宝寺の住持となっていた。

 その頃、吉法師(織田信長)の傅役を務めていた織田家家臣・平手政秀の依頼を受けて、清洲城に行き、沢彦宗恩が教育係となった。
 織田信長が元服したあとは参謀として活躍。
 父・織田信秀の葬儀の際に、織田信長は抹香を投げつけたが、これは沢彦宗恩がパフォーマンスとして提案したとも伝わる。

 平手政秀が自刃すると、菩提を弔うために織田信長が建立した政秀寺の開山も務めている。

 スポンサーリンク


 織田信長が美濃を支配すると、稲葉山城下の「井ノ口」を改め、新たな地名にすることを進言。
 中国・周の故事にならい沢彦の挙げた「岐山・岐陽・岐阜」の3つの候補より、岐阜が選ばれたとの説がある。
 この他、織田信長の政策である「天下布武」も沢彦の進言によるとも言われる。
 しかし、沢彦が唱えた「天下布武」は「春秋左氏伝」に記された”七徳の武を備えた者が天下を治める”ことに由来すると言われる。

 京都・妙心寺第39世住持となったあとは、岐阜の瑞龍寺に住んだ。

 1587年10月2日示寂。
 
 1686年「円通無礙禅師」の号が下賜されている。

 武田信玄が甲斐に迎えた恵林寺快川紹喜とは兄弟の契りを結んでいたとされる。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る