土屋昌続(土屋昌次)と金丸昌直(金丸平三郎)~武田信玄の近習・武田24将


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 土屋昌続(土屋昌次、土屋右衛門尉、つちやまさつぐ)は、金丸虎義の次男として1544年に生まれた。

 父・金丸虎義は、武田家の一門衆であり、使番12人衆の中から武田信玄の守役に登用された武将で、秋山姓も称していた。

 兄に金丸昌直、弟に秋山昌詮、秋山定光、土屋昌恒、金丸正直、秋山親久がらがいる。

 なお、兄・金丸昌直(かねまるまさなお、金丸平三郎、1540年-1560年)は武田信玄の奥近習として三枝昌貞(三枝守友)、曽根昌世、武藤喜兵衛(真田昌幸)、甘利昌忠、長坂昌国らと仕え、横目役となったが、同僚の落合彦介の暴言を報告すると、それがもとで落合彦介の母が獄死し、恨みを買いに落合彦介に殺害された。

 武田24将でもある土屋昌続(土屋昌次)は、1561年の川中島の戦い(第4回)が初陣とされ、17歳だったが、この頃はまだ金丸平八郎と称していたようだ。
 その1561年の川中島の戦いは上杉謙信と最大の激戦となった戦いで、その時、武田信玄の側を離れずに警護した功を認められて、桓武平氏三浦氏流の相模・土屋姓を名乗るように命じられたとされる。

 スポンサーリンク


 1567年8月、武田義信事件が起こった際、武田信玄が家臣らに求めた下之郷起請文において、担当奉行であった浅利信種、吉田信生以外の宛先として、山県昌景や原昌胤、跡部勝資や曽根虎長、甘利信忠らとともに土屋昌続(土屋昌次)も取次を務めるなど、武田信玄の側近・奉行としての行動が多い。

 

 そして、1568年頃から、土屋昌続(土屋右衛門尉昌次)と言う名が見られ始めている。
 1568年末の駿河侵攻の際には、武田信玄の側近として戦時禁制や朱印状奏者を、ほぼ1人で行っており、駿河富士山本宮浅間大社や岡部氏、朝倉氏、狩野氏、松木氏などの駿河国衆との取次に尽力した。
 また、西上野侵攻においても跡部勝資、原昌胤、曽根虎長とともに上野国衆との取次を務めており、土屋昌続は浦野氏や和田氏を担当した他、信濃においては玉井氏、市川氏、海野氏ら東信国衆との取次も担当している。

 また、太田氏や梶原氏、里見氏など関東方面の外交も担当。

 1569年、三増峠の戦い箕輪城主・浅利信種が討死すると、浅利同心衆は土屋昌続の配下に加わり、100騎の侍大将に抜擢された。
 土屋昌続(土屋昌次)の旗印は黒地に白の鳥居。

 三方ヶ原の戦いでは、徳川16神将の1人・鳥居忠広(鳥居信之、鳥井四郎右衛門)と一騎打ちをし、首級を挙げている。

 武田信玄が死去した際には、殉死しようとしたが、高坂昌信の説得を受けると、武田信玄の遺骨を甲府に持ち帰り、躑躅ケ崎館付近にあった自分の屋敷の庭先に埋葬した。
 現在、その地が、甲府での武田信玄の墓所となっている。

 →武田信玄の墓

 1576年5月の長篠の戦いでは、織田勢の三重柵の2重まで突破したが、山県昌景、馬場信春内藤昌豊、原昌胤、原盛胤、真田信綱真田昌輝、土屋直規、安中景繁、望月信永、米倉重継らと討死した。31歳。

 

 法名は昌次院殿忠屋知真大居士。

 以後は、弟の土屋昌恒が土屋家を継ぎ、天目山の戦い武田勝頼が討死する最後まで忠義を貫いている。

 →設楽原の土屋昌次の墓
 →跡部勝資~最後まで勝頼に従い共に討死した武田忠臣

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  3.  千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた…

人気の戦国武将

  1.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。  武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…
  2.  5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。  米沢にて虎哉和尚や片倉景綱…
  3.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る