砥石城(戸石城)と米山城への登山と所要時間・駐車場など


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行と称しまして、武田信玄の砥石崩れで有名な「砥石城」に行って参りましたので、数多くの写真と共にご紹介したいと存じます。

 

 上記写真の左が米山城で、右が砥石城です。
 各写真はクリックすると拡大します。

 戸石城は太郎山山系の峰の先端部にある枡形城、本城、砥石城、米山城の総称と言え、一番規模が大きいのは本城です。
 しかし、下記の駐車場を利用する事で、その4城すべてを巡る事が可能です。
 駐車場への行き方・アクセス・場所ですが、下記の地図ポイント地点に無料駐車場があり、バイオトイレも完備されています。

 

 上記の駐車場から下記の道を進み右手に登って行きます。

 

 すると下記のような「門」がすぐに見えてきます。

 

 ただし、上記の門は「模擬門」だと思いますが、このような建造物が無いよりは、雰囲気が出て良いです。

 

 登って行きますと、左手に米山城が見えます。

 

 上記を抜けて行くと、間もなく峠(米山城と砥石城との分岐)に到達します。
 駐車場から分岐までは10分くらいです。

 

 米山城への登坂は、足元が細かい石で滑りやすいです。
 そのため、ロープも張られています。
 私はトレッキングポール持参ですので、大丈夫でしたが、ロープを掴む場合には「軍手」があると手が痛くならなくて良いかと思いますよ。

米山城

 

 上記は米山城から見た砥石城です。
 各写真はクリックすると拡大します。

 

 米山城の主郭に到着しました。
 分岐から米山城へは約5分でした。

 

 米山城は標高734m、比高は130m。
 上田駅方面の展望も良いです。

 

 案内表示も適所にありますので、わかりやすい山城です。

 

 米山城から、もと来た坂を下って、分岐を通り越し、砥石城へと登って行きます。
 下り坂は滑りやすいですので注意してください。

 

 米山城への登りもきつかったですが、砥石城へはもっと厳しかったです。
 小生の山城攻略で指折りの厳しさです。
 比高は200mで途中、7回くらいは休みながら登って行きました。
 日頃、怠けている身体には大変こたえましたが、いい運動になります。
 でも、トレッキングポールがあるお蔭で、少しはラクに登れます。
 しかし、甲冑や槍を持って登るのを考えると、それは大変だったと思いますので、武田勢が攻略に苦慮したのが良くわかります。
 靴も「わらじ」ですからね。

砥石城

 

 砥石城到着です。米山城から約10分でした。村上義清の碑が建っています。
 砥石城は789mの最高標高ですが、主郭は思っていたより狭いです。米山城よりも狭いです。
 ここの人員だけで、武田勢を撃退すると言う事は無理でしょう。
 村上義清の時代から、米山城、本城、枡形城を組み合わせて、総合的に防衛した際に、もっとも急峻で上田に突き出ている「砥石城」が代表格となって、後世にその名が残ったと考えます。
 
 

 しかし、展望は良いですね。
 城が機能していた時は、木も伐採していたでしょうから、もっと良く見えたはずです。

  

 上記写真は、砥石城の主郭を、1段下がった本城側から見たものです。
 1549年には砥石崩れで敗れた武田信玄でしたが、このとき、村上義清は約1ヶ月籠城しています。
 包囲していた武田勢は、砥石城の水も無くなって落城すると予測していたようです。
 そんな時、出丸のお米山の米蔵にあったたくさんの白米を桶に入れて、馬の背中を洗ってみせたと言います。
 それを見た武田勢は「馬を洗うほど水とコメがある」と言う事で、退却をはじめところを、村上義清は撃って出たため「武田の砥石崩れ」となり、横田高松をはじめおよそ1200人が討ち取られると言う、武田信玄最大の負け戦となりました。
 しかし、1551年、真田幸隆の調略により、簡単にたった1日で落城しています。

 スポンサーリンク


 上田城の築城が開始されると、支城として砥石城も引き続き機能しました。
 1583年の上田城の戦いでも、真田信繁(真田幸村)が300にて籠城したとされています。
 1600年、関ヶ原の戦いの際には、戸石城を攻めた真田信幸(真田信之)に、真田昌幸はわざと簡単に砥石城を占拠させて、軍功を挙げさせ、上田城での決戦で父子対決にならないよう取り計りました。
 そして、徳川秀忠が上田城攻めの第二次上田城の戦いで、大損害を受け、関ヶ原の戦いに遅参するという大失態になったのです。

 
 
 ここで1回案内板にあった登山地図の写真をご紹介します。
 砥石城や米山城への登り口はいくつかあります。
 ここまでは、写真にある現在地の駐車場から分岐まで行き、米山城まで行って戻って、砥石城に至る行程をご紹介致しました。

 砥石城(本城)への大手口は下記の地図ポイント地点です。
 ただし、大手の方は駐車場はなく、道路も狭いですので、このページの最初に紹介した駐車場に止めて行くしかありません。
 無料駐車場から大手の登山口まで徒歩15分といったところです。

 

 と、まぁ、偉そうなことを書いていますが、地元の登城者さんに教えて頂けなかったら、知らずに帰っていたと思います。

 

 大手では上記のような砥石城の城下町を抜けていきます。
 その先には砥石城の根小屋と想定されている内小屋跡があります。
 城代の館があったのかも知れませんね。

 

 途中には、1601年に真田信之が5貫文寄進したとされる陽秦寺があります。
 海野氏の菩提寺です。
 海野家の菩提寺があると言う事は、もともと砥石城も海野氏が築城したのかも知れませんね。

 

 上記が大手の登山口です。
 城郭の「大手」と言うのは、城の正面、すなわち主要な玄関と言う意味です。良く「大手門」なんて言います。

 

 砥石城の大手と言うよりは、本城へ繋がる大手と言えます。
 つづら折りの道が続きますが、階段は無かったように記憶していますので、米山城との分岐から登って行くよりは、断然楽です。
 大手の登山口から、本城まで登り20分~30分程度です。

 

 私のお勧めとしては、この大手から登って、先に本城→枡形城を見て戻って、本城から砥石城、そして急な階段を米山城方面に降りて、そのまま直進し米山城へ登って、戻って、米山城と砥石城の分岐から、駐車場へ下って行く方法です。
 この方法で全行程の所要時間(見学必要時間)は80分~90分程度だと思います。

 夏は暑いですので、水分補給と虫除け・日焼け止め、そしてトレッキングポールの準備を忘れずに。
 滑りやすい、細かな石が露出しているところもありますので、トレッキングポールは必需品と言えますよ。
 私が愛用しているのは下記の最少46cmと携帯に便利なものです。

 
 Coleman TP-T002 3段 アンチショック付

 あと、クマさんも出たと言う情報もあると言う事ですので、ご心配な方はクマ除け鈴もご持参下さい。
 私は必ず鈴も持参しています。

 → 本城と枡形城については別ページをご覧願います。

 その他、真田の里を観光する際のヒントにどうぞ。
 → 真田の里紀行はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…
  2. 古文書に魅了されて早うん年の戦国未来(せんごくミク)と申します。 今回ご紹介するのは、『以貴小…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…

人気の戦国武将

  1. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
  2. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
  3. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る