得居通幸~海賊として守り抜いた鹿島城の雄姿


スポンサーリンク
スポンサーリンク

得居通幸(とくい-みちゆき)は、村上海賊の分家の1つである来島村上家の当主・来島通康(村上通康)の長男として1557年に誕生した。

しかし、得居通幸は正室の子では無かったようで、来島通康(村上通康)の正妻となる河野通直の娘が、1561年に4男・来島通総が生まれた。
そのため、跡目を継ぐことができなくなり、土居家・得能家の子孫であったことから得居氏を称して得居家を起こしたようである。

1567年に父・来島通康(村上通康)が死去した際、得居通幸は11歳ながらも、7歳の弟・来島通総を支えて行くこととなった。

1578年~1580年頃、得居通幸は伊予・松山の沖にある鹿島城に移って本拠とし、家来らも従っている。

1582年4月、毛利家を攻略中の羽柴秀吉(豊臣秀吉)の調略を受けると、河野家を見限って本家の来島城主・来島通総と共に得居通幸(得居半右衛門尉通久)も織田信長に臣従した。

このとき、来島村上家の家老である村上吉継、村上吉郷らは河野家側に残ったため家中は分裂し、河野家・毛利家から来島城などは攻撃を受ける。

5月には、村上海賊の本家筋で、まだ毛利家に従っていた能島村上家(能島城)の村上武吉村上元吉の親子からも来島城は攻撃されている。

そして、遂に耐えられなくなった来島城の来島通総は、1583年3月に羽柴秀吉の元へと京に逃亡したため、残る得居通幸の鹿島城が総攻撃を受けた。
しかし、得居通幸は見事に鹿島城を守り抜き、1583年8月以降は鹿島城への攻撃が止んだようである。

1584年、羽柴秀吉の支援を受けた来島通総が11月頃には忽那島周辺で活動を開始し、1586年2月には来島通総の来島城復帰が、毛利輝元小早川隆景に容認された。
1586年8月、豊臣秀吉の四国攻めが始まると、小早川隆景・吉川元長などの毛利勢と共に伊予・湯築城主・河野通直を攻撃。

この戦功により、弟・来島通総は伊予風早郡1万4000石となると来島城を廃城として鹿島城を本拠とした。得居通幸は3000石で仕えている。

その後、豊臣秀吉の九州攻めだけでなく、小田原攻めや朝鮮出兵にも得居通幸は水軍を率いて出陣している。
しかし、1594年1月末から2月初めの頃に、朝鮮水軍と鳴梁の戦いにて討死した。
後嗣がいなかったため、残された所領などは本家・来島通総(村上通総)に加えられている。

 スポンサーリンク


伊予・鹿島城

鹿島城(かしまじょう)は伊予・北条港の400m沖に浮かぶ鹿島に築かれている海の上の島にある城であり、加島城とも書きます。
最長部の標高が114mあり、来島城よりも堅固です。

最初の築城は、建武年間(1334年~1338年)に風早郡那賀郷の地頭職・今岡四郎通任であるともされるが、定かではありません。
1570年頃の鹿島城主は二神豊前守で「河野家譜」では手勢五騎、旗本十六、軍旗船五隻とあります。
その後、徳居通幸が城主となりました。

北条港から「渡船かしま」が20分~30分間隔で運行されており、片道210円、約3分の船旅で渡れ、鹿島城のハイキングコースを楽しむこともできます。
また、夏闇などには周遊船の運行もあります。
下記地図のポイント地点は、鹿島へ渡る鹿島渡船の駐車場。
駐車場代と運転手1名の往復がついて510円です。

来島村上家の来島通総と来島城【村上海賊】
湯築城と河野通直~道後温泉脇の古城訪問記
村上水軍と能島城~潮流の激しい海峡にある村上海賊の本拠地
毛利元就のスゴイところはこちら
小早川隆景【詳細版】~毛利家大きく支えた智将
乃美宗勝とは~浦宗勝とも名乗り水軍を率いた小早川家の勇将
毛利輝元とは【かろうじて毛利家をつないだ戦国大名】
伊予の戦国時代史跡を周る1泊2日旅の記録~松山城など

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  2.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る