上田藩主居館跡と上田藩主居館表門


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行、現在の上田城から、ちょっと東に行ったところに、上田高校があるが、その地はかつて上田藩主の居館であった。

 関ヶ原の戦いのあと、よっぽど恨んだのか、徳川家は上田城の外堀などを徹底的に破却する。

 そして、上田城を与えられた真田信之が、居館を構えた場所が三の丸、現在の上田高校なのだ。
 1622年まで、ここで政務を行った。

 

 その後、上田藩主となる仙石氏や松平氏と、代々上田藩主の住まいとなり、藩主邸は移転もせず明治維新までここであった。

 

 現在、上田高校の東側に水堀と上田藩主居館表門が残っている。

 

 特に濠と土塁は真田家のときのものであるとと考えられている。
 ただし、水際に見られる石垣は最近のものとの事。

 

 なお、表門は1789年に1度焼失したとの事で、そのあとの再建された薬医門である。

 スポンサーリンク


 行き方・アクセス・場所だが、下記の地図ポイント地点となる。
 駐車場は付近にないので、上田市役所を拝借願いたい。

 

 その他、真田の里を観光する際の旅行計画にどうぞ。
 → 真田の里紀行はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

人気の戦国武将

  1. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  2. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
  3. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る