スポンサーリンク
スポンサーリンク

相模・和田城は、三浦郡和田郷にあります。
源頼朝鎌倉幕府創設に大きく貢献したことが認められ、初代・侍所別当を任された和田義盛(和田小太郎義盛)の居城・館です。

和田義盛の父・杉本義宗は、鎌倉の杉本城ですので、和田義盛が16歳のときに父が死去したあと、鎌倉杉本城から和田郷へと移って居館を築いたとされています。
和田義盛は三浦義明の孫であるため、三浦一族の庇護も受けたものと推測します。

もともとこの辺りは広大な穀倉地帯だったようで、三浦一族の食料庫や開拓拠点として館があったようです。
三浦一族が強かった背景には、この食糧豊かな三浦から兵糧の補給が滞りなくできたからとも考えられます。

そして和田義盛は三浦一門として源頼朝の平家打倒に協力し、従兄弟の三浦義村と共に鎌倉幕府の重臣となったのです。

 スポンサーリンク


しかし、1213年、2代執権・北条義時との間に確執が生じると、北条義時の挑発に乗る形で、北条氏を討つために挙兵します。
有名な和田合戦となると、同族の三浦義村に裏切られて敗北し、和田氏は横山党などと共に鎌倉・由比ガ浜で最後を遂げました。

周辺は住宅や農地などになっており、和田城の遺構をうかがい知ることはできませんが、下記の地図ポイント地点に、和田城の石碑と解説板が道路脇にあります。

和田義盛旧里碑

近くにある天王社の境内に「和田義盛旧里碑」があります。

これは大正時代に建てられたそうですが、末永く地元でも慕われているのがわかります。

三崎城

相模・三崎城(みさきじょう)は、鎌倉時代の後期に、三浦宗家が滅亡したあと、相模三浦氏を興した佐原盛時が築城したとされていますが、確かな事はわかりません。
別名を新井城(あらいじょう)とも呼ぶため、近くの油壷にある新井城(荒井城)と混同しやすいです。

1516年に、北条早雲三浦道寸(三浦義同)の新井城(荒井城)を落すと、三崎城も落城し、残された三浦勢は城ヶ島にて抵抗したと言われています。
城ヶ島に籠った武将の名としては、亀崎、鈴木、下里、三富、出口などが見受けられます。
彼らは三崎城(三崎港)の船を全て城ヶ島に移動させたこともあり、困った北条早雲は鎌倉の建長寺円覚寺の和尚に調停を頼んでいます。

相模を平定した北条早雲(伊勢盛時)は、この三崎城を改修して三浦半島の本拠地とし、横井越前守らを配置しました。
船手大将としては梶原備前守、出口五郎左衛門尉らが三崎十人衆として見受けられます。

また、新井城(荒井城)の方に関しては三浦水軍を配置して水軍城としたと考えて良いでしょうが、三浦城の麓にある現在の三崎港も、天然の港としては使えるため、もちろん舟も配置されていたと思います。

当然、安房・里見氏に対する備えであったり、房総半島へ進出する際の拠点にもなる場所です。

里見氏も、なんどか三浦半島に押し寄せてきており、新井城や三崎城が奪われて、三浦半島の南部が里見家の領地になっていた時期もあります。

1556年10月には、里見義堯の嫡男・里見義弘が里見水軍80隻を率いて城ヶ島を占拠。
北条勢は三崎城にて清水上野介、梶原備前守、出口五郎左衛門尉らが防戦し、援軍として金子兵部少輔、富永三郎左衛門、遠山丹波守らが参陣し、三崎城の海戦となっています。
この時、北条勢は敗北し、三崎城、新井城が里見義弘に占拠されました。

しかし、北条氏康(北條氏康)が奪還した後は、三崎城主に北条氏規(北條氏規)が入り、守りを固めました。
なお、豊臣秀吉小田原攻めの際、北条氏規は韮山城にて籠城したため、三崎城は家老の山中氏が預かるも、開城・降伏しています。

徳川家康江戸城に入ると、向井水軍の向井正綱の屋敷が構えられたとされています。

なお、城ケ島は現在でも多くの観光客が訪れる風光明媚なところであるため、1519年には北条盛時(北条早雲、北條早雲)、1565年には北条氏康が静養のため、三崎城を訪れています。

現在の三崎城は、堀切が道路になっていたり、跡地には市役所や中学校などが建っており、目だった遺構はありません。

三崎城の石碑は、三崎中学校の南側道路脇、下記の地図ポイント地点にあります。

和田合戦~経緯と戦闘詳細【和田義盛の乱】
三浦義澄と三浦義村とは~三浦半島にある三浦義村の墓
三浦道寸と相模・岡崎城の遺構~岡崎四郎義実の墓
三浦道寸(三浦義同)~三浦義同と三浦氏
北条時政とは~伊豆韮山にある願成就院、執権・北条時政の生涯と牧の方について
新井城(荒井城)と三浦道寸の墓~三浦半島、三浦氏・三浦水軍の拠点
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
北条氏規と韮山城~激戦を物語る煙硝曲輪などの韮崎城訪問記
城ケ島~それは三浦半島の先端にある夢膨らむ島

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…

人気の戦国武将

  1. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  2. 錦帯橋(きんたいきょう)は、国の名勝で「日本三名橋」「日本三大奇橋」とも選ばれています。 初代…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る