歴史系の在宅ライター様募集案内~執筆メンバー募集


スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本国の有史以来~平安時代・鎌倉時代・戦国時代・江戸時代・幕末・現代までの武士・武将・武人や、また武将にまつわる女性、忍者、寺院などの記事、日本に深くかかわった外国人、また現在活躍している俳優・女優・著名人といった人物伝、またそれらに関連する記事を、皆様からも広く募集致しております。

2013年12月、運用開始。
2014年11月、サイト開設から約1年で初の月間100万PV達成。
2016年01月、現在までの過去最高となる月間320万PV達成。

たくさんの方にご覧頂いており、読者の皆様には改めて深く御礼を申し上げます。

私自身、更に多くの事をお伝えして参りたいのですが、ひとりでは限界の為、ライター様(執筆メンバー様)を募集させて頂いております。
多くの皆様に知って欲しいと言う意欲があれば、ライター様のご経験・御年齢・性別などは不問で、履歴書なども不要です。
※契約書をご所望される場合のみ、身分証明書コピーのご郵送と契約書交付費用が必要となります。

出勤などは不要ですので、ご自宅のパソコンにて作業可能です。
要するに在宅ライター(執筆メンバー様)さまとなり、開始に当たり面接などもありません。
もちろん、掛け持ち・副業などで問題ありません。
必要なスキルは、報告の為、きちんとメール送信ができる事くらいです。

例えばご自身でブログなどに掲載されている方も多いと存じますが、単独で行うよりは、当方サイトの記事として発表された方が、相乗効果がありますので、多くの方にご覧頂けるかと存じます。
また、将来、書籍化など道も開けて来る可能性があります。

1記事は最低1000文字以上でお願い申しあげます。
記事の内容は、基本的にお任せ致しますが、何を書けば良いのか?分からない時にはご相談頂ければ、当方よりご提案申し上げます。

当然ですが、他サイトの記事などのコピペは厳禁です。(引用掲載は可能ですが、その場合文字数は加味されません。)

条件が守られている限り、公開した記事の著作権は、ライター様のものとさせて頂きます。
ただし、ご自身が執筆した記事でも、他のサイトやSNSなどで既に公開済の記事をそのまま掲載(転載)することは禁止です。
※改めて、異なる文章で作り直したものは可能ですが、当サイトのみで公開のオリジナル品となる記事にてお願い申し上げます。

当サイトにて発表した記事内容を、そのまま他のサイトやご自身のサイトなどで2重公開することも禁止となります。
※将来、紙媒体にする上での流用・転載は支障ありません。

偏った思想による内容や、余りにも整合性・信憑性に欠ける内容などの場合には、作り直しをお願いする場合がござい手ます。
ほぼ原文のまま掲載致しますが、状況により、一部の内容を改変など行った上での掲載開始となりますこと、ご了承願います。
また、時代や内容によっては、アクセス数がより多くなるよう、公開先サイトを当方にて指定させて頂く場合があります。

 スポンサーリンク


ご希望の場合、記事の末尾にライター様の略歴などの掲載や、SNSなどへのリンク(1つに限る)が可能です。
ペンネーム(ハンドルネーム)での執筆も支障ありません。

報酬(執筆印税)

当方のWordPress(ワードプレス)の編集画面より、直接ご入力頂ける場合には、下記の通り、些少ではありますが利益還元も致します。
※記事の直接投稿ができない場合(メール納品などの場合)には、恐れ入りますが下記より条件が悪くなります。

ライター様(執筆メンバー様)報酬(印税)は、執筆ページのアクセス数x3%=報酬額(税込)

戦国武将研究会の正会員にご加入のうえ執筆へご協力頂けた場合には、倍額報酬(6%)となります。
正会員になる前の執筆記事は対象外となります。(お早めに正会員になっておくとお得です。)

メール納品の場合には1%(戦国武将研究会の正会員様で2倍の2%)となります。

アクセス数が多ければ、そのアクセス数に応じた還元となりますので、能力・頑張りをきちんとご評価する条件となっています。
また、他の記事効果による相乗効果でのアクセス数増も期待できます。
報酬はご請求方式となり、随時お支払手続き可能となります。

紙媒体の書籍出版や、電子書籍出版に転用した場合などは、別途、印税をお支払するなどの別契約を締結させて頂きます。
電子書籍・紙媒体の書籍発刊の例はこちら
ライター様として別のメディアなどにご紹介させて頂く場合もあります。

詳しいご案内は下記より、寄稿希望のご連絡を賜りました方のみにお知らせ致しております。
※下記のご連絡は正式登録と言う訳ではありませんので、ご安心ください。

その他

当サイトへの執筆を辞めた場合の記事著作権は当方に移行します。
毎月最低1本以上(年間12本以上)の記事納品が継続して無い場合など、契約が解除となると、印税受取の権限が消滅し、記事の著作権も当方に移行します。
公開した記事の掲載継続を取り下げることはできません。(雑誌などに記事を掲載した場合、その記事が永遠にその雑誌に掲載されているのと同様です。)
以上の条件などは、今後の情勢などにより、告知の上、改正する場合があります。

なお、お互いにビジネスとなりますので、最低限のビジネスマナーをご理解頂けない方と、やり取りは致しませんので、ご了承願います。

サイトのプロデュース

単に無料ブログで歴史などの情報を掲載しているだけでは、非常にもったいないですし、自己満足で終わってしまいます。
たくさんのアクセスを得て多くの方にご覧頂く方法、そして、多少ですが広告収入を得る方法など、既に歴史系ブログなどを展開されている場合には、記事の合流・合併、そのブログの収益化など、ご希望に応じたプロデュースなども行っております。
もちろん、メールやり取りだけで可能です。
少しでも得られた広告収入を新たな記事作りに投資する事が可能ですし、書籍として代金を頂かずに「無料」でご覧頂ける事から閲覧される皆様にもメリットがある話です。
当方と同じように新規で歴史系サイトを運営したいと言う場合にも、ご支援させて頂いており、既にご利用頂いている方も何名かおられますので、ご相談賜りますと幸いです。

お問合せ

ライター(執筆メンバー)にご興味がある方は、下記よりご連絡をお願い申し上げます。
数日以内に折り返しメールにて、詳しくご案内させて頂きます。

ただし、かなりの確率で「迷惑メール」として届いてしまうかと存じます。
届かない場合には、迷惑メールフォルダもご確認願います。
また、メールアドレスの間違えが10人に1人程度発生していますので、お間違えの無いよう、ご登録願います。

※送信後はこの画面に戻ります。 

■ライター希望者さまのお問い合わせ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  2. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  3.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…

人気の戦国武将

  1. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  2. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 (さらに…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る