若神子城の烽火台~武田や北条が利用した陣城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 若神子城(わかみこ)は武田勢が諏訪方面や佐久方面に出陣する際には、だいたい立ち寄って1泊した城です。
 また、武田の狼煙ネットワークとして、佐久・諏訪口方面からの狼煙中継点となりました。

 なお、天正壬午の乱の際、北条氏直ら43000の軍勢が入った若神子城は、どうも?ここだけでは入りきらず、北城・古城(大城)・南城と3箇所に分散したようです。

 

 今回、訪問したのは「須玉町ふるさと公園」になっている「大城」です。

 

 

 上記は、若神子城の本丸部分です。
 周辺の遺構も余り明確には残されていないようです。
 北城、南城にも若干の遺構があるようですが、発掘調査しても明確では無かったと言う事なので、パスしました。

 

 つるべ式狼煙台(烽火台)が復元されています。
 川中島から甲府まで、約2時間で伝達できたと言います。
 天正壬午の乱では北条氏直らが本陣を置いて、新府城徳川家康と対峙しました。

 

 見学所要時間は30分といったところです。
 トイレもあります。

 スポンサーリンク


 若神子城への行き方ですが、武田信玄時代に使用された若神子城は下記の地図ポイント地点から「須玉町ふるさと公園」の無料駐車場に入れます。
 アクセスは旧道(棒道)からの方になりますので、ご注意願います。

 

天正壬午の乱の全容~神流川の戦いから北条・徳川の勢力争い
武田信玄と武田家ゆかりの城・寺院・合戦場・隠し湯など一覧

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  3.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…

人気の戦国武将

  1. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
  2. 岩村城(いわむらじょう)は、標高721m、比高153mの山城です。 本丸の標高は717mと、江…
  3. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 (さらに…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る