矢沢城~真田家の重臣である矢沢綱頼(矢沢頼綱)の居城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行、矢沢綱頼(矢沢頼綱)の居城「矢沢城」です。

 矢沢城は真田幸隆の弟・矢沢綱頼(矢沢頼綱)が城主として治めました。
 恐らくは山麓に館を構えたものと推測でき、殿城郵便局付近の街並みに、古い集落を思わせます。

 1585年、第1次上田城の戦いでは、矢沢城は徳川勢の攻撃を受けました。
 このとき、矢沢頼康(矢沢三十郎頼康)らの城兵800が、徳川勢の依田源七郎ら1500を退けています。
 この矢沢頼康の子・矢沢頼定は、真田幸村が越後・上杉景勝の人質になった際に、同行した武将です。

 スポンサーリンク


 関ヶ原の戦いのあと、仙石氏が上田城主になると、仙石政明のときに旧矢沢領が仙石旗本領として、1575年、千石政勝が矢沢2000石となりました。
 この時、陣屋が矢沢集落に設けられて明治の廃藩置県まで続いています。

 

 すみません。当初行く予定には入れていなかったため、矢沢公園(城郭)までは訪問しませんでした。
 主郭へは10分程度らしいですが、今後の課題です。

 駐車場の場所ですが、大日堂付近に3台分くらいのスペースがあると言う記載サイトもありましたが、私が訪れた際にはわかりませんでした。
 行き方・アクセスとして、大日堂は下記のポイント地点です。
 道が狭いので路上駐車は厳禁です。また、対向車にご注意を。

 

 → 真田の里紀行はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…

人気の戦国武将

  1. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る