横田高松~砥石崩れにて討死した勇将【甲斐・善光寺に眠る武田家臣】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 1487年に生まれた横田高松(よこた-たかとし)は、近江・甲賀の出身で、佐々木氏の一族である六角家の家臣であったともされる。
 武田信虎のときに甲斐に赴いて武田家の家臣に加わった。
 弓矢が得意だったようで、足軽大将として甘利虎泰の相備えとなり、各地で活躍。

 横田十郎兵衛、横田備中守とも称し、敵の動きを察知し先読みすることに優れており、武田の五名臣の1人、武田二十四騎の1人として数えられる。
 そして、武田信虎の甲斐国統一にも大きく貢献した。

 1546年8月、信濃佐久の志賀城攻めでは城の水の手切りに成功。そして、関東管領上杉憲政が派遣した後詰(増援)部隊を撃退した。

 1548年、上田原の戦いにて板垣信方と甘利虎泰を失った武田信玄は、劣勢を挽回するため1550年9月9日に、村上義清が守備する砥石城を包囲。
 武田信玄は力攻めを行い、横田高松も攻撃開始したが、難攻不落の戸石城であったため、武田勢はやむなく退却を始めた。
 そこを村上義清は撃って出てに襲い掛かったため、武田勢は大混乱となった。(砥石崩れ)

 この時、横田高松は殿軍として村上勢を一手に引き受けて、討死した。享年64とされている。

 スポンサーリンク


 武田信玄はこの死を嘆き近習の者に「武篇の者になろうとするなら、原美濃(原虎胤)、横田備中(横田高松)のようになれ」と言ったと伝わる。
 なお、原虎胤の長男が横田高松の婿養子に入り、横田康景(横田綱松)と称して名跡を継いで、武田信玄の死後には武田勝頼にも引き続き仕えたが、長篠の戦いで討死している。

 その後、横田家は横田康景(横田綱松)の子、横田尹松が5000石と言う高禄で江戸幕府の旗本となった。

横田高松の墓

 横田高松の墓は甲斐・善光寺にある。
 下記の墓標が横田高松の墓とされるものだ。

 甲斐・善光寺の境内の中にあるのだが、案内板などもなくわかりにくいので、解説を加えて置く。

 金堂の東側に回って「収蔵庫」と言う非公開の建物の北側にひっそりとある。
 木々が茂っているところで、収蔵庫のすぐ脇(北側)となる。

下記の地図の場所を参考にして頂きたい。
 

 あと、甲斐・善光寺には豊臣秀吉の家臣・加藤光泰の墓もあるので、合わせて手を合わせよう。

横田尹松とは~高天神城の生き残りで徳川家では使番となった武田家臣

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  2. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  3. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る