赤塚城・千葉実胤と志村城・千葉信胤【東京都板橋区の城址】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京では戦国時代の城郭も、その多くは宅地開発などで失われていますが、そんな中でも東京都板橋区の赤塚城と志村城はちょっとは遺構も残されているお勧めの城址です。
訪問した順番の関係でまずは志村城からご紹介し、最後に赤塚城を掲載させて頂きます。

志村城

志村城は都営地下鉄・三田線の志村三丁目駅から近くて、訪問するのには非常に便利な城郭です。

 スポンサーリンク


東京都板橋区の志村城(しむらじょう)は、豊島氏(豊嶋氏)の一族である志村氏が築いた丘城と考えられていますが、築城年などは不詳となっています。
板橋城、篠田城、千葉城とも呼ばれます。

その後、1455年に、千葉信胤(千葉隠岐守信胤)が志村城に入り、千葉自胤の赤塚城の支城としての役割を担いました。

志村城

1524年に北条氏綱が志村城を落とすと、以後、小田原城の北条家の支配下となりますが、1590年、豊臣秀吉小田原攻め以降は、廃城となった模様です。

志村城

現在、志村城の本丸のあった場所はマンションや志村小学校になっており遺構は残されていません。

熊野神社

ただし、二の丸跡には志村熊野神社が建立されており、本丸の間に現在でも空堀跡が残されているそうでして、大変貴重な東京23区の戦国遺構と言えるでしょう。

志村城

標高は20mの台地先端にあり、比高は12mとなります。
本丸(本郭)はマンションがある場所ですね。

志村城

志村城

恐らく、台地下(北側)は荒川の河川敷だったと推測され、もしかしたら、湿地帯みたいになっていたのかも知れません。
ただし、台地の東側から攻められる分には、防御はそんなに強くなかったと推測されます。

志村城の石碑

都営地下鉄・三田線の志村三丁目駅から徒歩約3分と非常に交通の便利な城址です。
駐車場はありませんので、付近のコインパーキング利用となります。

志村城城址の石碑がある場所は、熊野神社の参道入口付近でして、下記の地図ポイント地点となります。

さて、駅に戻って地下鉄に乗ろうとしましたら、都営の1日乗車券(フリーパス)がありません?
この日は他に3箇所都内を巡りまして、ここまでやって来たのですが、どうも、熊野神社をお参りした際の、お賽銭を用意する時に、ポケットから落としてしまったようです・・。
どこに落としたかもあやふやですし、先を急ぎますので、その後はICで電車乗りました。(T_T)

赤塚城

赤塚城(あかつかじょう)は、標高25m、比高10mの平山城です。
しかし、段丘の上に築かれており、この付近ではいかにも砦に相応しい場所です。

赤塚城を築城したのは、千葉からやってきた千葉自胤(ちば-よりたね)とされます。
当時、千葉城主の千葉胤賢(第15代当主)が、鎌倉公方足利成氏と、関東管領上杉憲忠・上杉房顕の内紛に巻き込まれ、千葉胤賢は鎌倉公方・足利成氏の討伐に参加します。

1455年、これに反対していた重臣・原胤房に千葉城を急襲され、千葉胤賢は兄・千葉胤直と甥・千葉胤宣と共に志摩城、多古町城に逃れました。
しかし、1455年8月12日、原胤房と叔父・馬加康胤によって多古城が陥落し、千葉胤宣は城近くの阿弥陀堂にて自刃。
志摩城の千葉胤直も8月15日に東禅寺へと撤退して自刃してしまい、千葉胤賢は2人の子である千葉実胤と千葉自胤を連れて脱出しました。
しかし、逃れた小堤城も9月7日に陥落して、千葉胤賢も自刃してしまいます。
そのため、2人の息子・千葉実胤と千葉自胤は市河城(市川市)に逃れますが、簗田持助らに敗れ、扇谷上杉氏を頼って武蔵まで落ち伸びます。

この時、千葉実胤と千葉自胤を保護したのが太田道灌です。
太田道灌は千葉実胤を武蔵石浜城(台東区橋場)に入れ、赤塚城を築城すると千葉自胤を城主としました。
ちなみに、赤塚城の支城となる志村城には、千葉自胤の一族である千葉隠岐守信胤が入っています。

ただし、逃れてきた2人の所領は乏しく軍事力も低下。
兄・千葉実胤が隠棲すると、千葉自胤が武蔵千葉氏の第2代当主となりますが、小規模な勢力しか持たない国人として赤塚城付近に定着しました。

1524年に北条氏綱が赤塚城も支配下とすると、武蔵千葉氏は北条家家臣に加わっています。

1590年の豊臣秀吉による小田原攻めの際に、武蔵千葉家の家臣である松戸越前守が赤塚城を守備しましたが、徳川家康江戸城に入ると赤塚城も廃城となった模様です。

赤塚城のため池

かつて赤塚城の北側は徳丸ヶ原と言う湿地帯であり、現在、釣りができる「ため池」(溜池公園)は赤塚城の内堀と考えられます。

赤塚城址の石碑

小高い丘である本丸跡には「赤塚城址」の石碑もあります。

赤塚城

本丸は結構広いですね。
各写真はクリックすると拡大致します。

赤塚城

城址は東京都立赤塚公園の一部として整備されているため、本丸跡を示す石碑の他には、空壕などの遺構が、わずかに残る程度になっています。

赤塚城の薬師堂

しかし、昭和40年頃までは、手つかずで赤塚城の遺構も残っていたとされますので、実に残念ですね。

赤塚城の二の丸

隣の赤塚山乗蓮寺(東京大仏)の場所が二の丸跡であり、板橋区立赤塚植物園があります。

赤塚城の郭

上記の丘も見張り台や郭として使用されていたものと推測致します。

赤塚城は都営地下鉄・三田線の終点・西高島平駅から徒歩約15分です。
車の場合には、板橋区立美術館の駐車場が利用できると思います。

下記地図のポイント地点は、赤塚城址の石碑がある場所を指しております。

以上、志村城と赤塚城を巡って参りましたが、志村城の熊野神社でのお賽銭額が少額だったのが悪かったのか?、フリーパスは無くすし、赤塚城から帰りはバスに乗ろうと計画していたのですが、バスの時間も悪くて、結局、地下鉄成増駅まで約25分も歩くと言う不運が続きました。
その後も、3分差で特急を逃すなど、運が悪い事が続きましたが、ケガ無く帰って参りましたので、良しとしています。
志村城の熊野神社をお参りの際には、どうぞお賽銭は盛大にお願い申し上げます。(^-^)

太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚
石神井城と愛宕山城・三宝寺(東京都練馬区)
江戸城とは?【意外と見どころも多い江戸城の写真集】
江戸にある史跡巡り用オリジナルGoogleマップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。157…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  3.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…

人気の戦国武将

  1. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。(…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る