令和元年開催「明智光秀公顕彰会フォーラム」参加レポート

西教寺門


2019年6月14日に、滋賀県大津市の西教寺にて行われた「明智光秀公顕彰会フォーラム」へ、今年も明智光秀公顕彰会会員として参列させていただきました。

西教寺入口

12時半より本堂にて、明智光秀公追善法要が行われ、平日でしたが外にまでご参列者様が溢れるほど、今年も多くの方が来られておりました。

明智一族のお墓

式典が13時から表書院にて開催され、明智光秀公の縁の土地より、多くの方々が御来賓としてお越しになっておりました。
私共が大変お世話になっている、京都府長岡京市や亀岡市の皆様もお越しになられておられました。

細川珠生様

そして大河ドラマ誘致時代より、我々の活動を応援して下さっており、毎年こちらのフォーラムにてお会いさせていただいている細川珠生様もお見えになっておられ、今年も素敵なお話をお聞かせ下さいました。

細川珠生様

新しく著書も発表されたとのことで、そちらのお話もお聞かせ下さいました。
懇親会後に珠生様の著書「私の先祖 明智光秀」を購入させていただきました。

細川珠生様

そして13時半より、講演が開始。
今年は、考古学者であり、滋賀県立大学人間文化学部教授である中井均先生より「明智光秀と坂本城・宇佐山城」という表題の元、お城から読み取れる明智光秀公のお話をお聞かせ下さいました。

中井均先生

大変興味深いお話で、信長公の築城技術を忠実に継承していたであろう光秀公は、優れた建城家でもあったのだろうと。
宣教師であるルイス・フロイスもそのように書き残しているそうです。ご興味のあられる方は是非、中井先生の著書をお読み下さり、また講演会へも是非足をお運び下さればと思います。

今年も講演会後の15時頃より、懇親会が開かれました。
昨年お会いさせていただいた皆様と今年も交流させていただき、お元気なお姿を拝見できたこと、とても喜ばしかったです。

我々も少しの時間、活動の発表をさせていただき、長岡京市より公式の武将隊「京都・長岡京おもてなし武将隊つつじ」として任命していただき、長岡京市の歴史PR隊として「麒麟がくる」のPR隊として、今後更に活動の範囲を広げていけたらと思う等と、お話させていただきました。

京都・長岡京おもてなし武将隊つつじ

大河ドラマ誘致時代、署名活動を行っていた頃より応援して下さっている皆様から、大変温かいお言葉を賜り、今後も共に大河ドラマ「麒麟がくる」を盛り上げていこうとお話させていただきました。

更に大河ドラマ「麒麟がくる」へ向け、明智光秀公のAIを作成されているらしく、そちらのデモ体験も行われました。

光秀AI

また光秀公の縁の土地の行政の皆様とLINEが共同され、今後新しいLINEサービスも展開されていくとのことです。
今後、西教寺様内でも、大河ドラマ館の展開や、展示物の公開も行っていくとのことで、更に「麒麟がくる」が盛り上がりをみせそうです。

そして今年は新たな出会いもありました。
明智光秀公のご子孫であり歌手でもある「明智ガラシャ」様も、東京よりお越しになっておられました。

明智ガラシャ様

とても気さくで丁寧な若くお美しい方で、初対面にも関わらず、沢山お話させていただきました。
恐れ多くもガラシャ姫を演じさせていただいているご挨拶もさせていただきました。

京都・長岡京おもてなし武将隊つつじ

明智ガラシャ様は、香川県丸亀市へ逃れた明智光秀公のご子孫と伝わっているそうで、ルーツを辿られた経緯等もお話し下さいました。


父、明智光秀公をもっとも理解していたであろうと伝わるガラシャ姫。
明智ガラシャ様は、ガラシャ姫の気持ちになり作詞され、明智の心を歌われていると仰られておりました。
その作品「光さすとき・継がれゆくとき」のCDまでいただいてしまいました。

ガラシャ

そして歌詞カードのお写真に、山崎合戦の石碑や、勝龍寺城を使用して下さっており、とても嬉しい気持ちになりました。
CDはAmazonでも購入可能です。是非お手元へ。

初夏の西教寺は大変美しく、今年も穏やかな気持ちで参列させていただきました。

妻木煕子様お墓

明智光秀公、ガラシャ姫、明智一族が繋げて下さったこの御縁に感謝し、今後の活動へ生かしてゆこうと、墓前に誓わせていただき、西教寺を後にいたしました。

妻木一族のお墓

また来年もこの時にこの場所へ、伺わせていただきたいと思います。

西教寺石碑

(寄稿)在原 叶

在原 叶のシリーズはこちら
明智光秀公顕正会 30周年記念フォーラム参加レポート
明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変と最後の地
坂本城 明智と共に隆盛し滅びた琵琶湖の名城

共通カウンター

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!



在原 叶乙訓戦国つつじ副代表・NHK大河ドラマ誘致キャラバン隊「細川ガラシャ」役・紅桜剣舞会関西支部・春うらら組・役者・歌手・詩吟・MC・モデル・殺陣演者・ライター・ナレーター等

投稿者プロフィール

タレント、リポーターを経て、現在は甲冑劇やおもてなし活動を通し、歴史の観点から地域を盛り上げる活動を行う団体「乙訓戦国つつじ」の副代表として活動。
甲冑劇や幕末劇に出演し、NHK大河ドラマ誘致キャラバン隊の細川ガラシャ役、本能寺おもてなし隊の濃姫役、新選組おもてなし隊の沖田総司と市村鉄之助役や、ライターだけでなく、役者、イベントMC、歌手、吟者、モデル、ナレーターとしても活動中。
その他、殺陣団体「紅桜剣舞会関西支部」では、殺陣演者としても活動中。
兵庫県立明石城では春うらら組としても公演を行い、詩吟「摂楠流」門下でもあります。

HP→ https://www.facebook.com/kamokamo04

この著者の最新の記事


関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  4. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  2. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  3. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る