豊後高田城の見どころと大友家の家臣・高田鎮孝や高田正孝


スポンサーリンク
スポンサーリンク

豊後・高田城(たかだじょう)は、高田城、柴崎城とも呼ばれる平山城で、比高は20mです。
最初の築城は鎌倉時代である1196年、高田重定(高田掃部介重定)が、桂川右岸の台地に築いたと考えられています。

この高田重定(高田掃部介重定)は、相模国・愛甲郡古庄の近藤能成(古庄能成とも)の子として生まれた大友能直の家来だったようです。

源頼朝の命により、大友能直の大友家は豊後・筑後守護職と鎮西奉行職となり、1196年6月11日に豊後に入りました。
この時に、同行した家来のひとりが、豊後・高田城を築いた高田重定(高田掃部介重定)だったようですが、まぁ、かなり昔の事ですので、諸説あります。

戦国時代の頃に大友家が続いていたように、高田家も続ています。

高田鑑将が討死するとあとを高田鎮孝が継ぎ、1561年まで、田原親堅と豊前に在陣し、大友義鎮から感状を賜っています。

立花鑑載、原田親種らが大友家に反旗を翻すと、大友義鎮は田北民部を大将として派遣しますが、この軍勢にも高田鎮孝が加わっています。

1578年、大友宗麟が日向侵攻すると高田鎮孝も参陣しましたが、耳川の戦いで高田鎮孝も討死しました。

その後、高田正孝が家督を継ぎ、大友義統田原親貫を攻撃した鞍掛城の戦いで戦功を挙げています。

 スポンサーリンク


やがて島津勢が豊後に乱入した際には、木付鎮直、大神鎮勝、田染統基らとともに高田正孝も木付城(杵築城)の籠城に参加し、国東半島には島津勢を入れませんでした。

1590年、大友義統が小田原攻めに参陣した際や、1593年の朝鮮攻めにも高田正孝が従っています。

大友義統が改易されると高田正孝は高田邑浜にて蟄居して生活しましたが、1603年に死去したとされ、高田氏は没落しました。

1593年に大友館主・大友義統が豊臣秀吉の逆鱗に触れて領地没収・改易されたあとには、美濃・長松城主である竹中重利(竹中重隆)が、13000石にて高田城に入っています。
そして、高田城は大きく改修されて行きます。

豊後高田城

周防灘と桂川に面した2方向が崖となった地形の上にあり、他の2方向は水堀で防御する形となってます。
下記は水堀の跡です。

豊後高田城の水堀

竹中重利(竹中重隆)は、1600年の関ヶ原の戦いにて当初は西軍・石田三成に味方すると、兵だけを派遣したようで・瀬田橋の警固をし、丹後・田辺城の戦いにも参加しています。
このように竹中重利(竹中重隆)は本国にいたようで、黒田官兵衛(黒田長政)の誘いに応じると東軍・徳川家康に寝返り、富来城、安岐城を攻めたたことで、戦後所領を安堵されました。

1601年、竹中重利は府内城(大分城)に20000石で転封します。

その後、豊後・高田城には1639年に豊前・龍王から松平重直が37000石にて入封し高田藩となりました。
しかし、家督を継いだ松平英親が1645年に杵築城32000石に転封となると、一時、幕府の直轄地となったようです。

のち、1669年に、丹波・福知山城の松平忠房が肥前・島原に65000石にて転封となった際に、高田27000石は飛領地となり、本丸跡に豊州陣屋が設けられました。

本丸は、現在の桂陽小学校・中央公民館がある場所となります。

公民館の東側から南に降りる階段は、豊州陣屋ができた際に整備された石段です。

豊後高田城

その石段の脇にある石垣が、唯一、かつて高田城があったことを伺わせるように、早い段階で陣屋となってしまったため、あまり目立った遺構は残されていません。

ただし、本丸の北西側と北東側にはかつての水堀と土塁も見受けられるようです。

クルマでの豊後・高田城へのアクセスですが、桂陽小学校の南東にある中央公民館に駐車できます。
下記の地図ポイント地点がその場所です。

ただし、南側からは階段ですので、車は北側から入るしかありません。
もちろんですが、地図は縮尺を見やすく変更してご確認願います。

大友宗麟(大友義鎮)~国崩し・豊後の王
大友義統とは~逃亡・改易・失脚・幽閉となった稀代の凡将?
中津城の訪問記とみどころ~信念が見受けられるコンパクトな中津城築城と広大な城下町
木付鎮直と木付統直とは~杵築城の戦い・石垣原の戦い【杵築城訪問記】
府内城(大分城、荷揚城)を築城したのは?~大分城の訪問記
田原親宏と田原親貫~田原家の本拠地である安岐城
宇佐神宮~神聖で広大な境内と国宝の本殿などの見どころ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  2. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  3.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る