海老名氏館跡と歴史を誇る有鹿神社【神奈川県海老名市】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

神奈川県海老名市を本拠とする海老名氏は、横山党の一族とされますが、一般的には横山党の横山盛兼の子である横山季兼を、源有兼が養子に迎えたとされます。

その後、海老名氏は、荻野氏・小野氏・本間氏・国府氏などの庶家(分家)が誕生し、そのうち、海老名家季は1104年に播磨国那波に移住し、播州海老名氏の祖となっています。

石橋山の戦いにて、海老名季久は源頼朝と敵対しますが、源頼朝が鎌倉に入ると従い、源平合戦でも活躍し、鎌倉御家人に取り立てられています。

 スポンサーリンク


1333年、北関東より攻めてきた新田義貞勢に敗れると衰退し、1438年、永享の乱では鎌倉公方・足利持氏が宝樹寺に本陣を置いたため、海老名上野介も加わって戦いとなります。
しかし、足利持氏は降伏したため、海老名氏は滅亡し、有鹿神社と総持院は兵火で焼かれ衰退しました。

海老名氏霊堂の入口

上記の入口を入ると、下記の海老名氏の霊廟(霊堂)に到着します。

海老名氏の霊廟(霊堂)

海老名氏霊廟

なお、一族の海老名広治(海老名兵衛尉広治)が、安房里見家の家臣で娘婿の大島正時とともに海老名郷を回復し、海老名広治の病没後には、大島正時が海老名家を継いで、中新田に屋敷を構えたとの伝承があります。

海老名氏の館跡は、有鹿神社のすぐ南である「御屋敷」と言う地区にあったとされ、有鹿神社を氏神としています。
下記の写真が、その海老名氏館跡にある記念碑です。

海老名氏館跡記念碑
 
この有鹿神社(あるかじんじゃ)は相模国では最古級の神社であり、927年の延喜式神名帳にも登場します。
縄文時代から祭祀が行われていた有鹿祭祀遺跡からは、銅鏡、鉄鏡、勾玉などが出土していますが、この有鹿の地は、現在の勝坂遺跡(相模原市)の有鹿谷にある奥宮の場所です。

その有鹿信仰が、農作物の生産拡大と共に、相模川沿いを南下し、現在の有鹿神社が本宮となったようで、664年5月には国家的な祭礼を行った記録があります。

有鹿神社

869年には相模一宮の寒川神社と石楯尾神社と共に、相模国の正史に叙位が明記されています。

有鹿神社の大木跡

鎌倉時代に神社界の最高位である「正一位」を朝廷より賜り、当時の有鹿神社は、十二の坊舎を持つなど非常に広大な境内と神領を誇っており、その広さは現在の寒川神社付近まであったとされます。

有鹿神社の旧手水舎の跡

上記は古い手水舎の跡との事です。

有鹿神社

最後に有鹿神社の場所と、その下に、海老名氏霊廟の場所、海老名氏館跡の石碑の地図を載せておきますので、ご参考になさって頂ければ幸いです。

まず、有鹿神社の場所は下記の地図ポイント地点となります。
24時間は入れますが、社務所は常駐しておらず、また境内の駐車スペースも車が入れないようにポールが立っていますので、駐車場はありません。
相模川の河川敷からも境内に入れますので、駐車するのであれば北にある三川公園に止めて徒歩5分といったところです。

海老名氏霊廟(海老名氏霊堂)の場所は下記の地図ポイント地点となります。
住宅街の中で駐車場はありません。地図は縮尺を変えてご覧ください。

最後に、海老名氏館跡にある海老名氏の記念碑の場所です。
ここも駐車場はありませんので、やはり三川公園の駐車場が便利かと・・。

おまけで、神奈川県立相模三川公園の無料駐車場の地図も載せておきます。
ただし、土日祝は遊具目当てで大変混雑する駐車場で、付近の道路も「ららぽーと海老名」ができて非常に渋滞しますので、電車がお勧めかも知れません。

相模国最古級の有鹿神社と勝坂遺跡
有鹿姫(あるかひめ)~相模国の伝説のお姫様
新田義貞とは~鎌倉を落とした男【新田義貞挙兵の地】
石楯尾神社のミステリー・謎に迫る 相模原にある歴史ある神社
武蔵の榎下城~宅間上杉家が支配していた横浜の古城
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  3. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る