ご飯がおいしく炊ける「銀しゃり名人」戦国武将シリーズが新登場






サンケイさんから新発売された「銀しゃり名人」の戦国武将シリーズをご紹介させて頂きます。

執筆時点では下記の3種類がラインナップされています。

・赤備え真田六文銭
・甲斐武田菱
・加賀前田梅鉢

簡単に申し上げますと、お米を研ぐ道具です。



最近では、米とぎシェーカー、米とぎスティック、らくらく米とぎ具、超音波の米研ぎ機など、多種多様な製品が出ていますがこの「銀しゃり名人」は、ボウルに水を入れて、お米を入れたザルをセットして「揺する」だけと、使い方は簡単です。
そんな風に、簡単なのに、ストレスをお米に与えないで、割れた米や、肌ぬかだけを除去できるため、この「銀しゃり名人」で研いだお米を、炊飯器で炊くと、いつもより「美味しいご飯」が炊きあがると言うことになります。
もちろん、特許も取得している優れものです。

この「銀しゃり名人」の特徴と致しましては、下記の事項があります。

(1)コメとぎでの水交換は約3回だけなので、水の節約になる。
(2)水が冷たい冬でも、手を濡らさずに研げる。
(3)ムラなく早くお米を遂げて時間短縮になる。
(4)本体は抗菌使用でカビなども心配なし。
(5)原材料から製造も安心できる日本製。
(6)台所に片隅においてもインテリアになる。

下記のAmazonでも手に入ります。


銀しゃり名人 戦国武将シリーズ

我が家では、精米機にて精米したてのご飯を頂いておりますが、是非、試してみたいものです。

戦国浪漫「戦国グッズ販売」

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る