本城・枡形城への登山と所要時間・駐車場など(真田の里)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行砥石城と米山城からの続きです。

 砥石城まで来ましたら、峰続きになっている本城と枡形城もついでに見ないと、もったいないです。
 ご安心ください。砥石城・本城・枡形城までは峰続きで、高低差もそんなになく、砥石城から枡形城まで約15分と近距離です。

本城

 本城

 本城は、砥石城群で、もっとも平坦地が広い区画です。

 本城の石垣

 写真のような石垣も残っています。

 本城の主郭

 上記が本城の主郭です。
 広いですね。
 砥石城からは5分位でした。

 枡形城へ続く尾根

 枡方城も目と鼻の先です。

 本城の空堀

 途中には空堀跡もありました。

 矢竹

 「矢竹」です。竹が生えているのわかりますかね?
 弓矢に使う為に、竹を植えたと推測できると説明がありました。

 スポンサーリンク


枡形城

 枡形城へ

 この先が枡形城となります。
 ちょっとだけ登りますが、そんなに苦になりません。

 枡形城

 枡形城到着です。

 枡形城からの展望

 展望も良く、遠くは松尾古城真田本城も望めます。

 所要時間や登山行程地図、駐車場情報などは、最初の「砥石城のページ」をご覧願います。
 どうぞ、お気をつけてご登城くださりますと幸いです。

 下記はおまけです。

 伊勢山

 上記の写真は、武田信玄が砥石城攻めを行う際に、本陣を構えたと推定されている伊勢山と言う丘を、砥石城側から撮影したものです。

 以上、ご覧頂きましてありがとうございました。
 それなりの覚悟と装備にて訪れて頂けますよう、お願い申し上げます。
 真田本城など真田の里を観光する際のヒントにどうぞ。
 → 真田の里紀行はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記に

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。通称は杉目御前、笑窪御…
  2. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  3. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  4.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  5. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  4. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  5. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る