伊予・怪島城は無人島なので行けない怪しい島城なのか?



伊予・怪島城(けしま-じょう)は、瀬戸内海に浮かぶ標高は42mの小さな島です。
別名は毛島城とも言い、島全体が城砦化されていた水軍城でした。

上記写真はちょっと暗いのでわかりにいくですが、確かに島の頂部に木が生えていて、その周りは断崖のため「毛」が生えているように見え、いかにも「怪しげ」な島です。

戦国時代には、来島城主・村上通康の家臣である神野左馬允が、怪島城主として侍5騎、足軽20人の頭領だったとの記録があります。
5騎+足軽20名で25名と言う事は、従う家来も入れると総勢100名程度の集団だったと推測できます。

1585年に小早川隆景に降伏し、怪島(毛島)が廃城になったあと、ずっと無人島として放置されていたようで、郭・空堀・ピットなど水軍城としては極めて良好な遺構が残っているとされます。
怪島の北側には上陸できそうな地点があるそうですが、無人島ゆえに、船が出ていません。



「じゃらん」では怪島城趾の紹介で「じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです」と書いてありますが、無人島なのに誰に伝えるのでしょうか?
これも怪しすぎます。

私は、小型船舶1級の免許を持っています。
しかし、肝心の船を持っていないので、瀬戸内海でレンタルボートを借りればと思いましたが、上陸するとなると、船が傷ついたり、その間に流されてしまったりする恐れもあるかと思いますので、怒られそうですね。

そうなると、船舶をチャーターするか、カヤックなど自己責任で渡るしかないと思いますが、島に上陸できたとしても、山頂部までの道も怪しいでしょう。
そのため、小谷城の天守から転げ落ちたと言うような危険も伴いますし、そこまでして行きたいと思う怪島城趾でもないので「発見!ニッポン城めぐり」の城攻めついでに、1.3km手前の陸地から写真だけ撮影させて頂きました。

一応、撮影した海岸のポイント地点は下記の地図です。
ここはたぶん、怪しくないと思います。
海岸から見た瀬戸内海も、水が想像以上に透き通っていて、キレイでした。

来島村上家の来島通総と来島城【村上海賊】
得居通幸と守り抜いた鹿島城の雄姿
小早川隆景【詳細版】~毛利家大きく支えた智将
伊予の戦国時代史跡を周る1泊2日旅の記録~松山城など

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  3.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  4. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  4. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  5. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る