木浦城の模擬天守がある伯方ふるさと歴史公園


スポンサーリンク
スポンサーリンク

木浦城は瀬戸内海に浮かぶ伯方島にある連郭式山城で、標高98mの岩ヶ峰の山頂部にある大規模城郭です。
この木浦城がある伯方島は「伯方の塩」の発祥地でもあります。

1170年頃と言いますから源平合戦の頃です。
河野家の家臣・紀氏が木浦城を築いたのが始まりとされます。
承久の乱では、木浦城主・六郎太郎が主家に従って後鳥羽上皇に味方しましたが敗北し、木浦城も落城したとされています。

 スポンサーリンク


その後、村上家の本城として木浦にあった伯方城(伯方本城、伯方館)の展望警戒用の支城的な役割りを担っていたと推測致します。

しかし、現在ではその城郭も見るかげなく公園化されて小規模化となっています。
江戸時代に入る頃よりも、かなり昔に廃城になったので、仕方ないと言えます。
現在は伯方町郷土資料館として模擬天守風の建物があり、3階の展望回廊からは眼下の造船所や瀬戸内海などを望むことができます。

木浦城の模擬天守がある伯方ふるさと歴史公園

各写真はクリックすると拡大致します。

木浦城からの展望

中世後期(戦国時代)の復元城などは多いですが、中世前期の典型的な山城を整備しているのは珍しいと思います。
そういう意味では貴重な公園です。

下記は貯水槽を物見櫓風に見立てたものですが、これでいいと思います。
ただし「登れません」と張り紙がしてありました。

木浦城の物見櫓

造船の街でして、眼下では実際に船が3隻ほど建造中でした。
すごいですね。日本の造船業もまだ健在です。
ちなみに、湾の先にある小高い丘は、高丸山砦があったです。

伯方島の造船業

城門脇にはスクリューと錨のモニュメントもありました。
これでいいと思います。(^_^;)

木浦城のスクリュー

伯方島の木浦城がある伯方ふるさと歴史公園がある場所は、地図を見ていてもわかりにくいです。
下記の地図ポイント地点が、無料駐車場がある場所です。
東側の麓から横道に入って、登って行きます。
公園の建物が見えても、やり過ごして左奥へと進むと大きな駐車場があります。
伯方港の街も道路が昔ながらの狭さで、わかりにくかったです。
カーナビで事前設定して行くのが無難です。

伊予の戦国時代史跡を周る1泊2日旅の記録~松山城など
しまなみ海道の来島海峡大橋を見に行こう
四国「愛媛」の戦国時代の史跡から幕末史跡まで場所がわかる便利観光地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 立花誾千代とは立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  3. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…

人気の戦国武将

  1. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  2. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る