戦国炎舞 連合を作る・連合に入る 連合運営術

戦国炎舞 合戦




■連合に入る

 戦国炎舞は、初めてまもないプレイヤーでも、自動で適当な連合に所属することになります。
 最初の数日は、その連合で練習がてら「合戦」に参戦してみるのが良いでしょう。
 ある程度ゲームの流れや内容がわかったら、その時点で他の連合に移籍するか、そのままの連合で戦うか判断すると良いです。

 交流が盛んな連合  放置OKな連合
 ベテラン中心の連合  新人が多い連合
 アクティブ率高い連合  まったり・のんびり連合
 S階級で作戦指示などがある連合・・・

 新たに所属する連合を捜す場合には「連合検索」があるのですか、数多くの連合がある中、画面に表示されるのは極一部なので、自分から連合を探すと言うよりは「連合仲間検索」に「自分を投稿」して、加入を誘ってくれるのを待った方が得策なようです。
 誘ってもらった中より、自分が所属するのに最適だと思う連合を選べば良いのですからね。
 試しに加入してみたい連合があった場合には「体験加入させてもらえないか」と挨拶から盟主殿にご相談してみても良いでしょう。
 友人や知り合いが戦国炎舞を行っているのであれば、リアの仲間と一緒に戦うのも楽しめる要素となりますね。



■連合階級

 標準の連合階級は「C」ですが、D~Sまであります。
 ゲーム開始時は自動でCランクの連合に所属しますが、合戦を怠っているとDに下がります。
 ただし、合戦をみんなで頑張れば、Bランクには1週間で上がれると存じます。

■新しく連合を作る

 戦国炎舞では「連合」に所属して合戦を戦いますが、その連合を自分が「盟主」になって新しく作る事も可能です。

 連合を作ったら「連合検索」に募集登録をしましょう。
 募集登録しただけでも、1日たてば、かなり仲間が増えていると思いますので、なかなか連合に入ってくれないと言う事はありません。
 また、連合に入って欲しい方を「連合仲間検索」で捜してみたり、「メニュー」→「掲示板」より、募集したり、勧誘したりすることも可能です。

 なお、新しく加入した仲間には、できる限り早期に「役職」を与えて、仲間が有利にLvアップするよう配慮もしましょう。

 ただし、連合運営には盟主の「人柄」「器量」も重要な要素となります。楽しくないと思われたら、仲間は去って行きますからね。
 単になんでも「自由」と言う連合よりは、まったり、合戦重視、参加率重視など、連合の方針をきちんと打ち出して、その方針が気に入った仲間に所属してもらうことが、連合を強化して行く鍵となります。

■1人連合で誰にも束縛されず合戦することも可能

 もし自分1人だけで合戦して行きたいのであれば「連合加入制限」の欄を「承認制」にすれば、新たな加入を制限でき、1人同盟で合戦する事も可能です。
 合戦は、ほぼ互角な相手が自動で選ばれますので、1人連合の場合、合戦相手も1人と言う場合が多いようです。

 人数による対戦相手(※例外もあります)

 少人数  連合メンバー 1~3人
 中人数  連合メンバー 4~8人
 大人数  連合メンバー 9~20人

 → 各種「戦国炎舞」の攻略法もあります

 戦国炎舞-KIZNA-の著作権は Copyright c サムザップ All Rights Reserved.
 また、記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る