戦国炎舞 合戦 必勝作戦 まとめ



 戦国炎舞 -KIZNA- の連合・合戦における、合戦の作戦についてまとめておきます。

■先制攻撃 スタートダッシュ

 Cランクなどの合戦では、最初からガンガン攻めるのも有効的です。
 合戦開始と同時に敵の戦力が低下する「奥義」を開始させて、前衛は強力な「計略」をコンボして行き、優勢となりましょう。
 敵が全員後退したあとは「AP」を補充して、「HP」をできる限り満タンに戻して待機し、敵が復活したら、すぐに「攻撃」などで撃退します。
 敵が復活したら、敵よりも早く「攻撃」もしくは「計略」のボタンを押せるかどうかがカギです。




 
■合戦ポイントが僅差の場合

 残り時間10分に入った段階で、僅差の場合には、全員退却状態を継続します。
 そして、残り30秒で、INしている前衛がタイミングを合わせて復活し、それぞれ強い「計略」スキルをコンボ連発させます。
 すると、敵は反撃する事ができず、合戦終了となり、逆転勝利も可能となるでしょう。

■完全に負けている時

 敵が強く劣勢な時には、全員退却状態になるかと存じますが、計略コンボだけが切れないように、1人ずつ復活して「計略」のコンボを続けます。
 2人以上で復活していると、敵に余計なポイントを稼がせてしまいますので、必ず1人が退却したら、1人が復活と、余計な複数以上復活を避けて下さい。
 そして、敵とのポイント差が無くなってくれば、作戦勝ちです。
 ポイント差が無くなってきて、敵の復活が多い時には「必殺」を討っても良いでしょう。
 そして残り1分などに、タイミングを合わせて前衛は復活して「計略」などを打ちましょう。

■必殺のタイミング

 必殺は「後衛」の「応援」「遠距離」で必殺バーが満タンになると後衛の方が発動できますが、もし残り16分位まで満タンになったら、1回必殺を討って、再びゲージを貯めると、合戦終了間際にもう1度「必殺」を発動できると思います。
 (1) 必殺は、敵の生存者のみにダメージを与えますので、敵が多く復活している時に発動すると有利です。
 (2) ただし、自軍が負けている時は、敵が全退却していても必殺を発動することができ、敵が全退却している時は5人分のダメージを与え、もしかしたら逆転できるかも知れません。よって、劣勢時に必殺ゲージが貯まった場合、前衛は頑張って敵を全員退却まで追い込むと有利なのです。
 (3) 勝っている時は終了間際まで切り札として取っておいて、敵が先に必殺を打って、逆転されてしまった時に打ち返えしましょう。
 合戦の終盤に必殺を打つ場合には、残り10秒など、間際に討つか、敵が全員復活した際に討って、効果的にポイントを稼ぎたいところです。

 戦国炎舞-KIZNA-の著作権は Copyright c サムザップ All Rights Reserved.
 また、記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  2. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  3. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  4. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  5. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…

人気の戦国武将

  1. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  2. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  3. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  4. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  5. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る