戦国炎舞 振り分けポイントの最適割付



 戦国炎舞での振り分けPは、カードのデッキ編成時に、武将・智将・スキルを追加するために必要なポイントです。

 例えば、SRカード [乱世の寵児] 織田信長のコストは 15 です。
 この織田信長のカード1枚をデッキに配備すると、15ポイント分となり、武将Pへ割付したポイント合計の範囲で、カードを配備できるのです。
 
 最初のうちは「おすすめ振り分け」を使用して良いかと存じますが、ある程度カードが増えてきたら、それらのコストに合わせた振り分けが必要になってきます。
 ただし、多くの枚数の武将カードと智将カードを配備できて、その「スキル」を使えるので、武将カードと智将カードが枚数上限まで配備できるまでは、スキルへの振り付けは後回しで良いです。
 
 開始して間もないLvがまだ低い時には、まずは武将Pに優先的に割付すると良いです。



 スタート後の目標としては

 武将P 300P前後
 智将P 150P前後
 スキルP 多いほど合戦で有利ですが、最初は武将P優先と智将P優先で。

 私の場合は、Lv100を超えたあたりで、武将Pと、智将Pが満帆のようでしたので、
 武将P 310P で、306使用
 智将P 160P で、155使用
 スキルP 他の割り振りすべて
 
 となっています。

 その後、仕様の変更で、武将カードと智将カードのデッキ数が増える事になりました。
 となってくると、あとは必要に応じて少しずつ振り分けポイントを振っていくと良いですね。

 戦国炎舞-KIZNA-の著作権は Copyright c サムザップ All Rights Reserved.
 また、記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  2. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  3. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  4. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  5. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…

人気の戦国武将

  1. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  4. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  5. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る