武蔵・加納城~桶川に残る堀跡と土塁



埼玉県桶川市加納にある武蔵・加納城は、戦国時代頃までに使用された平城と考えられています。

鴻巣七騎と称されたひとりである、本木氏の居城(館跡)であったと推定されています。

本木家は、岩槻城主・太田家に仕えていた土豪です。

武蔵・加納城の周りは住宅団地(城跡団地)となってしまったため、遺構のほとんどは失われたようですが「おりひずみ」と言われる堀跡が見受けられました。



下記のような看板がありました。

武蔵・加納城

ちょっと行って見ると、土塁と堀跡のようなものが少しだけ残っており、面影を偲ばせます。

武蔵・加納城

普通、加納城と言うと、岐阜で加納藩主となった奥平信昌の加納城が有名ですが、さすがにココ埼玉の加納城は、不明な事が多いです。

武蔵・加納城

まぁ、規模からすると防御機能もある屋敷跡と言って良いでしょう。

武蔵・加納城

さて、この桶川の加納城は、場所が分かりにくいです。

ちょっと前までローソンがあったようですが、今は跡形もない県道12号の信号から入って行きます。
武蔵・加納城の場所は、下記の地図ポイント地点となります。

地図だと「道」が記載されていないのですが、それは「私道」となっているためです。
ポイント地点の東側の道から、中に入れる砂利の未舗装路があり、入って行くと未舗装の「月極め駐車場」となっています。
その月極め駐車場がある場所は「広場」のように雰囲気でして、ポイント地点付近は城跡と言う事でか?、2台ほどの駐車スペースもありました。
正式な駐車場ではないと思われるので、あまり長居はできませんが、数分であれば車を止めて見学できます。
その付近に、石碑と案内板も建立されています。

ただし、民家も接近しているため、騒いだりするのは厳禁でお願い申し上げます。

武蔵・菖蒲城とクイズの神様で知られる久伊豆神社?
武蔵・加納城~桶川に残る堀跡と土塁
関宿城の訪問記と写真集~坂東武者を物語る歴史ある地
騎西城(私市城)~土塁も残る成田氏傘下の城跡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  2. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  3. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  4. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  5.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  2. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  3. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  4. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  5. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る