丸山城と高部屋神社・糟屋館跡【神奈川県伊勢原市】



神奈川県伊勢原市の東海大病院東側にある丸山城は、糟屋城・千鳥ヶ城とも呼ばれる平山城です。

丸山城は東に低湿地帯を備えた、台地の突き出した先端であり、現在は主郭南側を国道246号線が東西に貫通しています。

城址公園として遊具も設置されるなど整備され、かなり改変は受けていますが、公園内の主郭周囲には土塁などが良好に残されています。
2008年の発掘調査では、堀幅約16m、深さ7.5mと言う大規模な障子堀も確認されたと言う事ですが、現在は埋め戻されているようです。



かつて丸山城は、横山党の一族である糟谷左衛門尉有季の館跡(糟屋館跡)とされてきましたが、国道246号の西側にある本郭と考えられる丸山城址の発掘調査では、鎌倉時期以外にも戦国時代の頃の遺物も出たそうですが「糟谷館」と言う決定的な証拠はないと言うのが現状です。

丸山城

とは言え、丸山城の辺りは、やはり、糟谷有季(糟谷左衛門尉有季)の頃からの城郭(館)が始まりであり、その後、戦国時代になると矢倉沢往還(やぐらざわおうかん)の交通取り締まりとして、扇谷上杉家が七沢城などと共に整備したと推測できます。北条早雲相模に進出すると、もちろん、多少は改修されたかも知れません。

丸山城

城域も、もっと広かったようで、東海大のほうから南側の台地集落にある高部屋神社も、丸山城の一部だったと推測されています。

丸山城

となると、やはりこの辺りに糟谷有季(糟谷左衛門尉有季)の糟屋館があったとしても、おかしくはないでしょう。

丸山城

丸山城址公園の無料駐車場は、下記の地図ポイント地点となり、10台ほど止められ、トイレも完備されています。
しかし、近所にて勤務されている方が止めているのでしょうか?、なぜか平日でも満車気味でした。

また、丸山城址公園の東をかすめるように、新東名(第二東名)の高架橋が建設中でした。

丸山城からの展望

上記写真は、伊勢原JCTの建設が進む方面を城址から撮影したもので、背後に大山がそびえ、この写真方向が、扇谷上杉定正館跡(糟屋館)の方角となります。

高部屋神社

高部屋神社(たかべやじんじゃ)は糟屋庄ほ含む大住郡127ヶ村の惣鎮守で、創建から平安時代までは三筒男命(みつつおのみこと)(住吉三神)を主祭神としてきました。
澄んだ入り江と言う意味の住吉(スミノエ)は、海の神、航海の神でもありますので、かなり古い時代に、この辺りまで海岸線が迫っていた頃から、社でもあったものと推測できますので、創建はかなり古いと考えられます。

延喜式神名帳にも見受けられ、鎌倉時代に糟屋藤太左兵衛尉有季が、高部屋神社の殿を造営したと言います。
1386年12月には、河内守宗国が造営に関わり、平秀憲が銅鐘を寄進しました。
1551年には、地頭・渡辺石見守が社殿を再興。
徳川家康が関東に入りますと、1591年11月に社領10石の御朱印を賜り、江戸時代中期頃までは「糟屋八幡宮」と呼ばれました。

高部屋神社

高部屋神社の参拝用駐車場も整備されています。
下記の地図ポイント地点の坂から境内の駐車スペースに入れます。
地図は縮尺を変えてご覧ください。

また、丸山城と高部屋神社の南方の川沿いには、太田道灌の首塚や、太田道灌の菩提寺である大慈寺などがありますので、あわせて訪問したいところです。

七沢城と実蒔原の戦い・徳雲寺~扇谷上杉家の相模重要拠点
太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚
三浦義同(三浦道寸)と相模・岡崎城の遺構~岡崎四郎義実の墓
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  4.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  5. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  5.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る