茂別館と安東家政とは 道南十二館のひとつ【蝦夷・北海道】

茂別館跡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

茂別館跡(もべつだて-あと)は、北海道の道南・北海道北斗市矢不来(やふらい)にある安東氏の館跡です。

もともと北海道(蝦夷)には、アイヌ人が先住していましたが、鎌倉時代に入ると、青森から渡った和人が少しずつ北海道の南部に入っており「渡党」(わたりとう)と呼ばれました。
その渡党が支配していたところに、安東政季が乗り込みます。

安東氏は、東北・出羽の豪族で、陸奥津軽・十三湊が本拠地でした。

 スポンサーリンク


室町時代には「日の本将軍」が下国安藤氏の称号とされ、天皇も安藤氏を「日の本将軍」であると認めています。
しかし、この安東政季(あんどう-まさすえ)の頃には糠部南部氏と確執を起しており、南部光政?に追われて、1454年(享徳3年)蝦夷に渡ります。
ただ、このころ、蝦夷の南部は、安東氏の勢力下だったようで、安東家に臣従していた、娘婿・蠣崎季繁を頼り、上ノ国・花沢館に入りました。

同じ1454年の8月28日に、武田信広(たけだ-のぶひろ)と言う武将も、安東政季を奉じて南部大畑から蝦夷地に舟で渡り、花沢館の蠣崎季繁に身を寄せたとあるため、安東政季と武田信広は行動を共にした模様です。

この時、安東政季(安東師季)は、蝦夷の支配を強固にするため、12の城(館・砦)を整備したようで、道南十二館(どうなんじゅうにたて)と呼ばれます。

花沢館は上国守護として蠣崎修理大夫季繁、松前守護には大館に下国山城守定季と副将・相原周防政胤、そして下国守護として、下国安東八郎式部大輔家政が茂別館に入っています。

この下国安東八郎式部大輔家政は、安東家政(あんどう-いえまさ)と言う武将で、安藤重季の子で安東政季の弟との伝承があります。
茂別館を造営すると、茂別八郎式部大輔家政と称しました。

茂別館

1456年に、再起を図る安東政季(安東師季)が、分家で秋田郡の領主・秋田城介安東尭季(安東惟季)の招きに応じて、秋田小鹿島(秋田県男鹿市)へ移動する際に、守護として任命して蝦夷に残したとされます。

安東政季は、能代の葛西秀清(葛西氏の一族?)を滅ぼして、檜山城を築城して返り咲き、本拠としました。

しかし、蝦夷ではアイヌ人の反乱が起こるのです。

コシャマインの戦いはこちらにて

伝承によると、コシャマインの乱の際に、アイヌの毒矢が届かなかったと言います。
そのため、このあたりは「矢不来」(やふらい)と呼ばれるようになったとか?

1508年には、再びアイヌ蜂起によって茂別館の下国師季(しもぐに-もろすえ)が勝山城に逃れて出家しています。
これにより、茂別館は廃城になった模様です。

茂別館

茂別館は、茂辺地(もへじ)川の左岸にある丘の南端にあります。

南の大館と北の小館と分かれていて、西は茂辺地川岸の崖地、南北は自然の沢で仕切られるなど、堀と自然の沢で囲むような感じになっています。

茂別館

国の史跡にも指定されている茂別館は丘城(平山城)で標高34.5mにあり、茂辺地館、下国館とも呼ばれます。
曲輪に現在、矢不来天満宮があり、その境内にクルマは駐車可能です。
茂別館への行き方・アクセスですが、道南いさりび鉄道線ですと、茂辺地駅から徒歩約20分となります。
車だと函館空港から約50分の距離です。

アクセス・行き方ですが、地図は当方のオリジナルGoogleマップ「蝦夷」にてご確認願います。

函館や木古内からですと、江差・松前「バス3日間」乗り放題キップも便利です。

ちなみに、矢不来の地は、明治に入って函館戦争の際に、大鳥圭介が新政府軍に敗れて敗走した地でもあります。
矢不来台場跡の案内板がある場所も近くにあります。

蝦夷地探訪シリーズ

花沢館と蝦夷を統治した蠣崎季繁とは
武田信広の優れた知略と蠣崎光広~本拠地にした勝山館
蝦夷の志苔館と小林良景 コシャマインの戦い
徳山館・大舘~蠣崎光広(蠣崎光廣)と蠣崎季広
松前城の景観と松前慶広とは~福山館の戦国期と幕末期
蝦夷地の史跡巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 南渓瑞聞(なんけい-ずいもん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。生年は不明。戦国初…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る