成瀬城と小山田弥三郎の関係を考えてみる【戦国の小山田氏考察】



成瀬城(東京都町田市)は、平安末期から鎌倉初期に、成瀬を所領とした横山党の鳴瀬四郎太郎の居館があったと推測されます。
1213年、和田義盛の乱で横山党のほとんどは討死し、没落しましたので、そのあとの時代に、成瀬城として改修されたのと推測致します。

成瀬城(なるせじょう)の発掘調査では、井戸跡の他、鉄砲玉も出土したそうですので、戦国時代に入ると、北条家の家臣が居城としていた可能性もあります。
1559年の小田原衆所領役帳には、成瀬や小山田庄靏間(16貫272文)など16村に合計419貫812文として小山田弥三郎の名がみられます。
小山田庄靏間の靏間は「つるま」と呼びますので、町田の鶴間は小山田氏の領地だったと推定できます。
ただし、この小山田弥三郎は「他国衆」と記載されております。



武田信玄の重臣・小山田信茂の兄も「弥三郎」を称している事から、小山田弥三郎は武田に従っている郡内・小山田弥三郎信有(小山田信茂の兄)だとする説があります。
北条家が武田の小山田家を取りこもうとし、領地を与えたとも、武田と北条の取次役に報いる為でもあるともされています。

しかし、小山田家の発祥の地「小山田城」と、成瀬城の位置関係、そして、南北朝時代の町田の小山田家の動向を考慮しますと、私見的には成瀬を知行した北条家臣・小山田弥三郎は、小山田氏の本流と推測致します。
そもそも「弥三郎」と言う名は小山田氏の当主であることを主張する通称です。ちなみに、武田重臣の小山田信茂は元々次男でしたので、弥五郎を称していました。

それを裏返せば、町田には南北朝時代の頃にも、本流の小山田家がもうちょっと北の方で、細々と存続していたようですので滅亡している訳では無く、郡内の小山田信茂とは違う本流の小山田家が、戦国時代になって本流を示すため小山田弥三郎と称しても、なんらおかしくありません。
当然ながら、北条家の家臣となった訳でして、小山田弥三郎と称していたと推定できるのではないでしょうか?

ちなみに、北条家で400貫文だと軍役は、騎馬武者が13、鉄砲が最低4挺、弓足軽1、槍24人となりますので、武者だけで80名くらい、農兵も入れると320名くらいの部隊を小山田弥三郎は率いたと推測致します。
それを考えると、成瀬城の発掘調査で鉄砲玉の1個や2個、発見されたと聞いても、驚きません。

でも、北条家の方針としては、他国衆はできる限り事実上の滅亡に追い込み、家臣団に吸収していますので、滝山城の大石家よりも独立性の弱かった小山田弥三郎の小山田家は、次第に北条氏照に取りこまれ、姿を消していったものと小生は考えます。
仮に、本当に北条家が小山田氏に知行を与えていたとするならば、小山田氏に「いつでも寝返っていいですよ」と言う合図、もしくは武田家の結束を揺さぶる狙いがあったように思えます。

成瀬城

成瀬城は成瀬街道の抑えでもあり、恩田川沿いにあるちょっとした高台に位置しており「要害」と呼べます。
武田滅亡後に、成瀬の小山田弥三郎を頼ったのか?、成瀬周辺には武田旧臣の子孫も多いらしいです。
また、城山公園の南東約1kmの経塚からは武運長久と息災延命を祈願した、1535年11月、四条彦次郎と言う銘の経筒が出土しており、ちっょと古い北条氏綱時代の成瀬城主だったのではとも推定されています。

成瀬城の石碑

空濠・土塁・櫓台などの城郭遺構がありましたが、周辺の宅地化が進み、現在は城郭の一部が城山公園と言う児童公園になっています。

成瀬城の井戸跡

各写真はクリックすると拡大します。
この児童公園は、町田市がここに城跡があったと気付き、造成工事を辞めさせてかろうじて残された遺構だと言い、井戸跡も発見されています。

成瀬城

なお、城山公園の南西数百mの場所は、根小屋と呼ばれていたそうですので、それを考慮すると、成瀬城はそれなりに大きかったとも考えられます。

成瀬城

朝鮮学校の東にある松葉公園(横浜線が貫通している)が、戦国時代の本郭だったのではと言う説もあるそうです。

成瀬城への行き方・アクセス

成瀬城の石碑がある城山公園は下記の地図ポイント地点となります。
見学所要時間は5分~10分といったところです。
小さな公園ですので、駐車場はありませんが、下記の地図ポイント地点の付近の道路は駐車禁止では無いので、短時間のあいだ、車を止める事は可能です。
ご近所にお住まいの方の迷惑にならないように止めましょう。

矢部八幡神社(箭幹八幡宮)と小山田高家のなぞ
北条氏綱とは~関東進出の基盤を作った政治力ある小田原城主
北条氏からも知行?していた小山田氏の謎に迫る
武蔵七党の最大勢力~横山党
沢山城(三輪城)もセットでどうぞ
小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  4. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い(みませとうげのたたかい)。 武田信玄が勝利した…
  2. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  5. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 この…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る