史跡小田野城

 八王子城の支城でもある小田野城跡に行って参りました。

 小田野城跡は心源院からもほど近いところにあり、共に八王子城の北方を守る砦でした。

小田野城跡

 小田野城は、北条氏照の家臣である小田野源太左衛門が築城したともあり、小田野家の居館にもなっていたようです。
 1590年、八王子城攻撃の直前、小田野城は上杉景勝の軍勢に攻め込まれて、落城したとあります。
 その後、小田野源太左衛門は小田源左衛門と改名すると、水戸徳川家にて仕官しました。
 ※各写真はクリックすると拡大します。

小田野城跡

 1983年(昭和58年)に八王子城の一部として国の指定史跡になっています。

小田野城跡

 上記は本丸部分の北側にあった土塁と考えられるものです。

小田野城跡

 案内矢印などはありませんが、散策路のようになっています。

 現在、小田野城の下に新しい道路のトンネルが通っていますが、当初の計画では「採掘」した切り通しになる予定でした。
 しかし、城跡があると言う事で遺構保存のためトンネルになった例でして、とても良い判断がなされたものと感心致します。



 小田野城に入る方の情報を拝見していますと、西側の旧道沿いから登る方が多いようですが、私は、東側の観栖寺台公園から入りました。
 こちらからだと、高低差はあまりありませんので、苦にはなりません。
 見学所要時間は30分といったところです。

小田野城跡への入口

 観栖寺台公園の西端にある上記写真の「扉」から城域内に入れます。

 駐車場はありませんが、下記の地図ポイント地点の「観栖寺台公園」沿いの道路は、駐車禁止ではなく、休憩がてら路肩に車を止めている方も多いです。
 ただし、長時間の駐車はご近所の迷惑にもなりますし、交通障害にもならないよう、その辺りはマナーよく止めさせてもらいましょう。
 公園にトイレあり。

 

 →八王子城に関してはこちら
 →梶原館 由井氏館跡 川口兵庫介館跡(川口氏館跡)【八王子市】
 →八王子の史跡・史蹟一覧~八王子城・滝山城からマイナー館跡まで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  2. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  5. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、長宗…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  4. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る