神奈川県藤沢市にある大庭城(おおばじょう)は、標高43m、比高33mの平山城で、大場山城、本郷城とも呼ばれます。

平安時代の末期である1105年頃、この辺りは鎌倉景政が荘園開発して、1116年に伊勢神宮に寄進した「大庭御厨」(おおばみくりや)と呼ばれる地でした。
子の鎌倉景継は、1134年に大庭御厨下司としての記録があり、大庭景継を称して、大庭氏が始まりました。
下司(げし、げす)と言うのは荘園の実務責任者と言う意味で、大庭景継の場合には伊勢神宮から管理を託されたと言う事になります。
元々の下司(げす)は身分が低い者と言う意味であり「げすの極み」と言う言葉の語源にも使われますが、朝廷や伊勢神宮から見た当時の武家はそのような身分だったのでしょう。



大庭城(大庭の舘)を築いたのは大庭景宗とされ、横山党・横山隆兼?の娘が嫁いで、子の大庭景義、大庭景親、豊田景俊、大庭景親、俣野景久らが誕生しています。

1180年に源頼朝が挙兵した際には、兄・大庭景義(おおば-かげよし)は源頼朝に協力しますが、弟・大庭景親(おおば-かげちか)と俣野景久は、渋谷重国、糟屋盛久、熊谷直実ら平家側として石橋山の戦いにて源頼朝を撃破しました。
ちなみに、福原の平清盛へ、源頼朝が挙兵したと報せる早馬を出したのも大庭景親です。
そして、逃れた源頼朝を捕縛するべく、大庭景親は湯河原の山中をくまなく捜索しますかが、梶原景時が源頼朝の居場所を知りながら、大庭景親らを別の場所へと導いたために取り逃がしてしまいます。

房総にて再起した源頼朝には、千葉常胤、上総広常、豊島清元、葛西清重、足立遠元、河越重頼、江戸重長、畠山重忠らが加わり2万を超える大軍となります。
そのため、大庭景親はもはや為す術もなく、大庭一族のほとんどは筑前の別の領地に逃れています。
大庭景親は最後まで残り、平維盛の討伐軍が駿河に入ると合流しますが、富士川の戦いで平家が敗れます。
遂に降伏して捕えられた大庭景親は上総広常に預けられますが、この時、源頼朝は兄・大庭景義に「助命するか?」と打診したとされます。
しかし、兄・大庭景義は、全てを源頼朝の裁断に任せたと言い、大庭景親は境川にて斬首されました。

このようにして、源頼朝の挙兵に早くから参じた兄・大庭景義は鎌倉幕府の御家人となり、長老格として長寿を全うしています。

大庭景義の子・大庭景兼(大庭小次郎景兼)は、1213年の和田合戦の影響で失脚したともされ、消息が不明となっています。

大庭城

各写真はクリックすると拡大します。
その後、太田道灌が大庭城の改修をおこなったとされ、相模平定を目指す北条早雲が大庭城を攻撃します。

舟地蔵伝説

大庭城の周辺は、沼地になっており、北条早雲(北條早雲)は当初大庭城の攻撃が困難だったと言います。
今でも大庭城の麓に流れる引地川の川岸は「親水公園」となっており、湿性植物園もあります。

この大庭城攻めの際に、北條家の武将が近くの稲荷で「ぼた餅」を売っていた老婆に、どうしたものかと尋ねると「引地川の堤防を切れば、沼の水は引く」と快く教えてくれたと言います。

この武将はさっそく、工事に取り掛かろうとしますが、堤防を切ることが大庭城に知られるのを恐れ、この親切な老婆を切り捨ててしまいました。
その後、老婆の供養の為に設けられたとされるのが「舟地蔵」で、地蔵さまが船の上に乗っている地蔵となっています。

舟地蔵伝説

写真は大庭橋付近(舟地蔵の信号)にある舟地蔵です。

大庭城を手に入れた北条早雲は、大庭城を大改修します。
この時の姿が、現在の大庭城の縄張りと推定されていますが、その後、大船の玉縄城を築くと大庭城は価値を失いますが、北条氏康(北條氏康)の時代の大庭城主は、北条綱成の弟に福島勝広(福島伊賀守、北条綱房)です。
1590年、豊臣秀吉小田原攻め以降は廃城となりました。

さて、大庭城址公園の駐車場車を止めて、公園にはいきなりはいらず、まずは南西の舟地蔵がある方の登城口から大庭城に登ってみる事にしました。

大庭城の入口

平山城ですので、坂道もそんなに急では無く、楽しみながら登れます。

大庭城

何?神社かはわかりませんでしたが「社」(やしろ)もありました。

大庭城の神社

緩やかな坂を登っていくと、先端の郭にでます。

大庭城

一番先端の郭は、堀切で分かれていたようです。

大庭城の堀切

平たい本郭に出ますと、大庭城の石碑がありました。

大庭城

大庭城にて発掘された建物の柱跡もあります。

大庭城の建物跡

この程度かなとあまり期待していなかったのですが・・。

大庭城

二の丸付近には素晴らしい空堀がありました。

大庭城の堀

「からぼり」と存在を示す案内もあります。

大庭城

写真では迫力も半減してしまうのですが、かなりの空堀です。

大庭城の空堀

攻めて来る敵を弓矢で射るのには、ちょうど良い規模の空堀と土塁になっています。

大庭城の空堀

ただし、鉄砲の飛距離だと、堀の大きさが短すぎますので、やはり戦国初期の造りのように感じます。

大庭城

意外と見どころがあった大庭城でして、もっと早く訪れていればよかったと思いました。

大庭城の空堀

空堀はその長さも深さも結構ありました。

大庭城からの眺め

上記は、大庭城址公園の北側から撮影した眺めです。
公園内にはトイレもあり、結構、散策や運動されている市民がおられました。

公園駐車場がオープンしているのは、朝9時から夕方4時~5時頃までとなります。
下記の地図ポイント地点が駐車場の場所となります。

寒空で冷えてしまい、このあと、スーパー銭湯「湯乃市・湘南ライフタウン店」へ向かったのは言うまでもありません。

梶原景時の生涯と最後の住まいであった梶原景時館跡
源頼朝と北条政子【鎌倉幕府の尼将軍と征夷大将軍】旧相模川橋脚も
三浦義同(三浦道寸)と相模・岡崎城の遺構~岡崎四郎義実の墓
石橋山古戦場【源頼朝挙兵の地】行ってきました訪問記・駐車場
福島勝広と川越夜戦~北条綱成の弟である福島伊賀守の活躍
北条氏繁・北条氏舜・北条氏勝と玉縄城の縄張り

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • ゆーへい
    • 2016年 8月 20日

    空堀の柵を越えて林の中を少し歩くと防空壕が大量にありますよー、大きいものはふつーに広いです


気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  4. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  5. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  2.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  3. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  4. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る