田原城主の大藤政信と秦野の香雲寺【北条家で活躍した重臣】



秦野・香雲寺(トップ写真)は、北波多野一帯を所領とした田原城主・大藤氏が、羽根村にあった春窓院を1564年に移転して再興した寺院となります。

大藤家と言うのは古くから北条家に仕えていたようで、1541年10月、扇谷上杉家・上杉朝定による河越城の戦いでは大藤一族の大藤信実、大藤信基(大藤金谷斎信基)、大藤与次郎が、河越城の北曲輪を守備して活躍した事が文献にも見られます。

特に大藤信基と言う武将は、伝承によると紀伊・根来の出身で、北条氏綱(北條氏綱)に認められて田原城主になったようです。
日本に鉄砲が伝来すると、北条家に鉄砲を伝えたともされていますが、足軽衆の統率も任されていますので、重用されていたのは間違いないでしょう。



その大藤信基(おおふじ-のぶもと)は、出家して「栄永」と名乗りますが、1537年の上総・真里谷氏の内紛でも、真里谷信隆の北条援軍として派遣されています。
このとき、小弓公方・足利義明と里見義堯が、真里谷信隆を攻めると敗れて、真里谷信隆を連れて武蔵・金沢に戻っています。

第1次国府台合戦では、大藤信基が足利義明を挑発するよう献策したため勝利したとされ、恩賞として上総国に所領を与えられました。

1552年3月21日に大藤信基が死去すると、嫡男・大藤景長とその子・大藤栄永も続けて死去した模様です。
これは甲陽軍鑑によると、武田信玄が大藤家の軍略を恐れて暗殺したとありますが、真偽のほどは不明です。

1552年12月になると、北条氏康の命にて、亡くなった大藤栄永の末子である大藤秀信が家督を継ぎました。
大藤秀信(大藤政信)はのちに「政」の字を北条氏政(北條氏政)より授けられて大藤政信と改名しています。

しかし、1572年、武田信玄が遠江・二俣城を攻撃した際に、武田の援軍として出された北条勢として出陣しましたが、大藤秀信(大藤政信)は討死しました。

その後、大藤政信(おおふじ-まさのぶ)が、田原城主を務めますが、父と同じく、北条氏政より1字を与えられて同じ名前になってしまったので、2代目・大藤政信とここでは明記させて頂きます。(旧名は不明)

2代目・大藤政信の通称は大藤与七、式部少輔、式部丞です。
父が1572年に討死したあと、2代目・大藤政信が家督を継いだと推定できますので、年代的に見て香雲寺(こううんじ)は、父・大藤秀信(大藤政信)が再興して菩提寺にしたと考えて良いでしょう。

2代目・大藤政信は北条氏直の足軽衆として転戦し、1581年には上野・天神山城を上杉景勝からの攻撃から救い、武田勝頼の駿河・興国寺城攻めでも防衛戦にて戦功をあげています。
また、1582年の天正壬午の乱でも出陣し徳川勢と戦いました。
ただし、2代目・大藤政信は1586年5月23日に死去したことが、香雲寺に残されている位牌から分かります。

どうやら、香雲寺の東側にある台地先端部分が田原城と考えられており、1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際には、大藤長門守が50騎にて守備したとあります。
下記の写真中央にある丘だと推測致します。

秦野・田原城

堀ノ内とも呼ばれる場所の近くですが、要害とは言いにくく、元々は居館でちょっと防御面も整備したのかな?と言う印象です。
いずれにせよ、南の西田原はちょっとした古い集落で、城下町のような赴きを感じます。

その後の大藤家に関してはわかりませんが、北条家滅亡後、香雲寺は1591年に徳川家康から寺領5石の朱印を受けています。
香雲寺の本堂裏山の中腹に、大藤氏の墓が2つあるそうです。

香雲寺の鐘は、1629年の鋳造で「大藤秀信」の名が入っていると言います。

秦野・香雲寺の駐車場は境内にあります。
下記の地図ポイント地点から参道をずっと上がって行った先に境内駐車場がありました。

大河ドラマで北条5代が実現する際には、是非とも登場する北条家臣に加えて頂きたい秦野の大藤氏でした。
真田丸の時のように、このようにマイナーな武将でも優秀だった武将は是非取り上げて頂きたいものです。
最後に秦野のオマケとして浄円寺城も追記しておきます。

浄円寺城

戦国時代小田原城主・北条家の家臣である和田石見の館跡とされるのが、秦野市平沢にある浄円寺です。

秦野・浄円寺

伊勢盛時(北条早雲)又は北条氏綱の時代から仕えた和田兵庫の子である和田石見が、1521年から1527年頃に開基したとされるのが浄円寺(じょうえんじ)となります。

秦野・浄円寺城

和田家の屋敷(浄円寺城)は、1470年に和田兵庫が築城し、南方400mの位置にあったようですが、その城址の中に浄円寺を創建したと考えられます。
ただし、浄円寺が創建される以前から方形館があったのか?、それとも和田家の居館に浄円寺を開基したのかはまだは良く分かっていません。
また、土塁もあるとの事ですが戦国時代にかけての遺構とも考えられます。

本堂は1800年に再建されたものです、付近には現在でも和田家が存続しています。
本尊は室町時代後期の薬師如来との事です。

下記の地図ポイント地点から境内に入ると参拝者用駐車場があります。

なお、1582年に武田勝頼が自刃したあと、上野・箕輪城に入った滝川一益に従った国衆に、和田石見守なる武将がいます。
この和田石見守は、上州・和田城主なのですが、和田石見守信業(和田信業)となります。
最初は同じ「石見守」ですので、同一人物とも考えたのですが、設定は見つからず、たまたま同じ和田さんで、同じ石見守を称したようです。

しかし、秦野市さんは、浄円寺城と言い、田原城と言い、もうちょっと調査した方が良いのではと感じます。
特に田原城は北条家を支えた重臣の城ですからね。
まだまだ秦野には観光開発の余地があります。

北条氏綱とは~関東進出の基盤を作った政治力ある小田原城主
北条氏康と瑞渓院とは~文武両道な猛将も家中や庶民を大切にした戦国大名
源実朝公御首塚と波多野城~本当の波多野城跡は?
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  4. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  5. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い(みませとうげのたたかい)。 武田信玄が勝利した…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 この…
  4. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  5. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る