甲冑武者グループ「SacT」~お祭りなどのイベント出演者を募集



神奈川県を中心に関東一円と東海地方にて幅広く活躍している、甲冑寸劇・甲冑武者グループ「SacT」(サクト)さんでは、現在、下記のお祭り・イベントの「甲冑劇」に出演できる皆様を募集しています。

自治体や各地公的団体などのお祭りや歴史イベントからの要請を受けて、無報酬(ボランティア)にて甲冑寸劇や簡単な模擬合戦などを行い、盛り上げ役を引き受けているのが、SacTの加藤さんで、その劇などに甲冑武者役として出演・出場して頂ける方を常時募っております。

もともとボランティアでの依頼として受けているため、出演者の現地までの交通費や必要な場合の宿泊費などは、出演者各自負担となりますが、戦国武将や鎌倉武士、女武将、お姫様などに扮し、武者行列や寸劇など、見る側では無く「出る側」での参加も可能です。

参加者の男女比率としては概ね半分半分くらいで、関西や東北など遠方からの参加者(出演者)も多いです。
多少の演技が必要な場合もありますが、演技経験などは問いませんので、初めての方でも気軽に参加可能となっています。

下記は過去参考記事。

甲冑劇SacTさんの戦国武将・鎌倉武士などの合戦劇活動・武者行列ご紹介
甲冑手作り教室の参加者募集【SacT手作り甲冑・波多野塾】神奈川県

甲冑・衣装を借りる場合

初めての方向けに、甲冑をSacTさんや協力者より、原則として無償でお借りする事が可能です。
加藤さんが提供する「自作甲冑キット」もありますので、自分で作ったマイ甲冑で参加することも可能ですが、その場合には、加藤氏に必要な衣装などは数ヶ月以上前にご確認願います。

なお、いずれの場合でも「地下足袋」(じかたび)だけは購入・持参することをお勧めします。
※用意できる甲冑には限りがある為、先着受付となるのでお早めに。(確実に持参できるものがある場合には事前に申告を)
※ゆくゆくは自分の衣装は自分で揃えるのが普通ですが、最初は分からない事も多いので、足りないものは事前に加藤氏に確認すれば貸出を受けられます。

甲冑・衣装を持参する場合

自作甲冑・購入甲冑いずれでの持込み可能。
ただし、演劇内容などによっては、時代考証で合わせる必要性があります。
鎌倉時代のイベントなのに、戦国の格好はNGなどありますので「要確認」です。

イベント会場までの交通

基本的には各自で会場まで行くことになります。
遅刻は厳禁ですが、多少であれば大丈夫なケースもありますので、事前に相談しましょう。
鉄道利用の場合には、近くの駅からクルマ組に同乗して向かうなど、事前にお願いする事も可能かと存じます。
※片道だけ同乗希望なのか、往復なのか?など、きちんと交渉を。

更衣室

基本的には男女別更衣室がありますので、女性でも安心です。

参加者年齢

イベントごとにお祭り主催者側の条件などがあるため、高校生未満(中学生まで)とご高齢者さまは、その都度、事前にご確認願います。

※下記の情報は常に更新する予定ですが、遅れている場合にはお詫び申し上げます。詳しくは直接、SacTさん(加藤さん)へご確認願います。

お問い合わせ

参加のお申込み・お問い合わせは、甲冑武者サークルSacT主宰の加藤さまへ直接お願い申し上げます。

SacTさんのFacebookページ
Sactさんのホームページ
激安マイ甲冑キット「廉価版」手作りオーダーサイズ甲冑自作基本セット

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  4. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  5. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…

人気の戦国武将

  1. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  2. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 …
  3. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  4.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る