甲冑劇SacTさんの戦国武将・鎌倉武士などの合戦劇活動・武者行列ご紹介


スポンサーリンク
スポンサーリンク

神奈川県を中心にボランティア活動されている「甲冑劇SacT」さんが素晴らしい活動をなさっておられますので、ご紹介させて頂きます。

歴史好き・甲冑好きの代表・三郎兵衛さんを中心にした「甲冑演舞」を行っているのが「甲冑劇SacT」さんです。

主に戦国武将や鎌倉武士といった「甲冑」を着て、20分~30分程度の「合戦寸劇」を披露致しております。
現在は、3ヶ月毎の湯河原温泉駅近くの商店街・明店街が開催しているイベント「ぶらん市」での定期寸劇披露や、毎年10月に行われる愛川町の「三増合戦まつり」「あいかわ・ふるさと祭り」での寸劇演舞などで、ご活躍なさっておられるサークルです。

なお、寸劇予定の都度、Sact(サクト)さんでは甲冑参加者を「一般募集」致しております。

ちょっと詳しくご紹介致しますと、甲冑を持っていなくても、数には限りがありますが、先着受付で無償でお借りする事ができます。
※一部では会場方針などにより1000円程度のレンタル料などを頂く場合があります。
ただし、地下足袋(じかたび)はご自分でご用意頂く場合があります。まぁ、通販でも安く買えます。
もちろん、甲冑をお持ちの方は「自前」での出演が可能ですが、武田の武者なのに織田の恰好などではヘン?になる事もありますので、事前にご相談なさると良いかと存じます。
なお、ボランティアでの出演サークルですので、出演料などはもちろん出ません。
また、現地への交通費、必要な場合は宿泊費も各自の負担となりますが、関東一円からだけでなく、関西や東北からもこの日の為に出演されるため、お越しになられる勇者もおられます。(開催地が駅から遠い場合には、車の乗り合わせご相談も可能です。)
劇ですので、基本的には「役」が与えられて「セリフ」や殺陣(立ち回り)がありますが、経験や自信がある方は主役級の役も演じられる事もありますので、その辺りはご相談と言う感じでしょうか?
もちろん、初めて参加したり経験がない方にもご配慮頂けますので、安心してご参加可能です。
寸劇内容によっては、当日だけでなく、前日にもリハーサルを行いますので、その練習への参加も必須となります。

毎回10名~20名程度の演舞参加者がおられますが、皆さま演劇経験などはない方がほとんどです。
もちろん、中には劇団経験がある方が参加されることもありますが、主催の三郎兵衛さんいわく「やる気があれば歓迎」との事ですので、皆様もいかがでしょうか?

募集に関しては、サイト甲冑劇SacT ボランティア甲冑武者サークルにて、その都度募集が表示されますので、チェックしてみて下さい。

また、「甲冑劇SacT」さんでは、歴史イベントなどでの演舞依頼も随時受付しているとの事ですので、地域活性化などのために自治体様や商店街様などはご依頼・ご相談されてみては、いかがでしょうか?
武者行列だけの需要でも答えて頂けるのでは?と存じます。
神奈川県からあまりにも遠方ですと難しいかも知れませんが・・。

以上、甲冑劇SacTさんへのお問い合わせなどは下記まで。
甲冑劇SacT ボランティア甲冑武者サークル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。母は…
  3. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。大坂冬の陣に参加して欲し…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る