佐奈田義忠(佐奈田与一)と相模・真田城の訪問記~大森藤頼自刃の地?



佐奈田義忠(さなだ-よしただ)は、岡崎義実(岡崎四郎義実)の子として1155年に誕生しました。

岡崎義実(岡崎四郎義実)は、源頼朝の挙兵にも従い、1180年8月23日、石橋山の戦いでも果敢に戦った武将ですが、その嫡男の佐奈田義忠(真田義忠、岡崎義忠、佐奈田与一)も父と共に夜間の乱戦を戦いました。
俣野景久と壮絶な組打ちをしますが、血のりで手がすべり、長尾新五の弟・長尾新六の首を取られました。
家臣の文三家安も奮戦しましたが、稲毛重成の手勢に討たれています。



これらの話は、石橋山の戦いのページにて詳しく掲載させて頂いております。

さて、そんな佐奈田義忠(佐奈田与一)が城主を務めたのが相模・真田城です。
まさに、真田氏発祥地とも言える場所です。

鎌倉期の真田城は、現在の天徳寺境内と此定されています。

天徳寺(相模・真田城)

その後、しばらく、真田城は使われなかったようです。

しかし、1495年頃に伊勢宗瑞(北条早雲)が小田原城を奪取すると、逃亡した大森藤頼は、岡崎城主・三浦道寸を頼って真田古城(実田城)に入り、改修したともあります。

天徳寺(相模・真田城)

ただし、1498年頃には、伊勢宗瑞(北条早雲)によって真田城は陥落しました。
この時、大森藤頼は自刃したとも言われています。(諸説あり)

1504年には、両上杉氏による真田合戦(真田城の戦い)となり、真田城は落城・廃城になった模様です。

その後、戦国時代の1574年に、鈴木隼人なる北条家の家臣が天徳寺を創建しました。

天得寺の山門を入ってすぐ左手に進むと、一段高くなったところに与一堂(眞田明神)があります。

相模・真田城

その場所が一番高い所で、標高30m。
麓の田んぼとの比高で15mとなります。

真田城

本堂の裏手辺りに土塁があるとの話があったのですが、確認はできませんでした。
もしかしたら、かなり低い土塁となってしまっているのかも?知れません。
周辺は土地区画整備が進み、真新しい住宅も建設しているように開発が進んでいる場所でした。

相模・真田城

天徳寺の場所ですが、下記の地図ポイント地点となります。
境内の檀家さん用駐車場を拝借させて頂きました。御礼申し上げます。

真田発祥の地はココ~間違えてはいけない真田氏発祥
三浦道寸と相模・岡崎城の遺構~岡崎四郎義実の墓
石橋山古戦場【源頼朝挙兵の地】行ってきました訪問記・駐車場
三浦道寸(三浦義同)~三浦義同と三浦氏
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  5. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  3.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  4. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  5.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る