真田氏館跡と真田氏歴史館&天白城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行真田氏歴史館と真田氏館跡の2本立てです。

真田氏館跡

 真田氏館は、真田幸隆真田信綱真田昌幸と、3代に渡り、真田家が居住した館跡とされます。
 真田家は松尾古城の付近が発祥と言われていますが、武田信玄に仕えて真田の地に復帰した際には、真田古城(打越城)を最初使用したようです。
 その後、真田本城を築くと、この地に館を構えたと考えられています。

 真田氏館跡

 通称は「お屋敷公園」と呼ばれ、なだらかな丘陵地にあり、水源も豊富です。
 各写真はクリックすると拡大します。

 真田氏館跡の大手

 上記写真は屋敷の外から大手門土塁を撮影したものです。

 真田氏館跡

 真田本城と真田氏館は、1585年に真田昌幸・真田信之真田幸村上田城に入るまで、使われました。
 皇大神宮は、真田昌幸が上田城に移転した際、、先祖代々の土地が荒廃するのを防ぐため、勧進したと言います。

 真田氏館跡

 真田氏館跡の土塁

 上記のように土塁もしっかり残されていました。

 真田氏館跡から展望

 上記は真田氏館跡の最下部付近からの展望で、砥石城・本城・枡形城を望むことができました。

 スポンサーリンク


真田氏歴史館

 真田氏歴史館

 見学所要時間は資料館は20分、館跡は20分といったところですが、じっくり見ますともっと時間が掛かります。
 なお、真田氏歴史館は火曜日定休のようですので、ご注意を。

 館内の展示物は撮影禁止でしたので、写真ありませんが、唯一撮影しても大丈夫な手前の展示物は下記です。

 真田氏歴史館

 真田関連のお土産物も販売されています。

 行き方・場所ですが、無料駐車場入口は下記の地図ポイント地点となります。
 ちっょと狭い駐車場でして、満車の場合、南側には別の大きな駐車場があります。
 この付近に止めることで、歴史館と館跡の両方に歩いてアクセスできます。

 

天白城

 真田氏歴史館の北東側には「天白城」があります。

 白山城

 あくまでも有事の際に、立て籠もる為の詰めの城だと考えられます。
 北赤井神社の南側から登れると言う話ですが、付近に駐車場は無いとの事でして、今回は登っていませんので、写真はこれだけです。

 真田の里を観光する際のヒントにどうぞ。
 → 真田の里紀行はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  2. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  3. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  4. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  5. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  3. 高知城
    高知城(こうちじょう)は、別名を鷹城(たかじょう)とも言う、梯郭式平山城です。江戸時代に建造され…
  4.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る