左入城(左入館跡)と中丸城【東京都八王子市】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

左入城(さにゅうじょう)は、東京地八王子市の中央高速・八王子IC付近になる館跡です。

谷萩川沿いの谷戸にある平城で、谷野街道の抑えでもあります。

地元の言い伝えによると、中丸淡路守の館跡とされ、東西約400m、南北175mの卵型で、東・南・西の三方に幅4~50m、深さ約9mの堀があったと言います。
北側は谷萩川で10m程の崖になっており、天然の要害ですね。
2~3郭程度の削平地もあったそうです。

 スポンサーリンク


しかし、この住吉中丸淡路守と言う人物については不詳で、そのほかに、戦国時代後期に、徳川家臣?と推測される西山十右衛門の居館跡ともされます。
武田勝頼の家臣に三ツ者(みつもの)=諜報・情報収集役の西山十右衛門尉と言う武将がおりますので、武田滅亡後に西山十右衛門は徳川家康に仕えたとも考えられます。

なお、この左入城(左入館跡)は中丸淡路守からの中丸城である可能性もあります。
実は、滝山城からの尾根の東端となる、八王子自動車検査登録事務所(車検場)の付近も左入城跡とされますので、左入地区にどちらもあると言えることから、混同されてしまっている可能性も捨てきれません。

ただし、車検場の脇の知名は丸山町ですので、八王子車検所の城址が丸山城で中丸淡路守、村内家具さんの方が左入城(左入館跡)で西山十右衛門なのかな?と小生は想像致しております。

現在、左入城(左入館跡)の遺構はあまり残されていませんが、その土地は村内家具さんの「村内美術館」になっています。
そして、村内家・第17代当主の村内道昌社長が、平成17年5月に自費にて「石碑」を建立しており、国道16号沿いにある古くからの伝承を後世に残すよう尽力されております。

左入城(左入館跡)の石碑がある場所は、下記の地図ポイント地点となります。

滝山城はこちら
八王子の史跡・史蹟一覧~八王子城・滝山城からマイナー館跡まで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  5. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  4. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る