佐和山城の訪問記と佐和山城の戦い【佐和山城の登山道写真】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐和山城(さわやま-じょう)は彦根にあり標高は232m、比高は134mの山城で、丹羽長秀石田三成の居城であり、東山道(中山道)(現在の国道8号)の抑えでした。

最初の築城は、鎌倉時代の近江守護職・佐々木定綱の六男・佐保時綱であるとされ、建久年間(1190年~1198年)の文献にも佐和山砦の名が出てきます。
室町時代の応仁年間(1467年~1468年)頃には、六角家の家臣・小川祐忠が佐和山城主であったとされます。

戦国時代の後期には、小谷城主・浅井長政の支城となり、佐和山城主・磯野員昌織田信長らと8ヶ月におよぶ激戦を繰り広げています。

 スポンサーリンク


1571年2月に磯野員昌が降伏すると、織田家の重臣・丹羽長秀が佐和山城主となりました。

1582年6月、明智光秀本能寺の変のあと清洲会議にて、明智光秀の討伐に功があった堀秀政に佐和山城は与えられ、掘秀政は翌年1583年に入城しました。
堀秀政の留守中には、弟・多賀秀種が佐和山城代を務めたと言います。

佐和山城の遠景

上記写真の背後にある山が佐和山城です。
1585年、佐和山城主に堀尾吉晴が就任したあと、1590年?に豊臣秀吉の五奉行である石田三成が佐和山城主となりました。

石田三成は、当時荒廃していた佐和山城の大改修を行い、山頂に五層天守(三層説もあり)を設けた立派な近世城郭にしたと言われています。
「三成に過ぎたるものが二つあり。それは島の左近と佐和山の城」と豊臣秀吉に言わせました。

ただし、石田三成は奉行であったことから、ほとんど伏見城におり、佐和山城代としては石田三成の父・石田正継が担当していたと言います。

佐和山城の作りは極めて質素で、城の居間などのほとんどは、飾り気のない板張りで、壁もあら壁のままであったとされます。

1600年9月15日、関ヶ原の戦いで石田三成を破った徳川家康は、小早川秀秋を先鋒として15000にて佐和山城を総攻撃しました。
佐和山城の戦いです。

当然、石田家の主力は関ヶ原で戦っていたため、残された佐和山城の守備兵は僅か2800であったとされます。
城兵は奮戦し敵を寄せ付けませんでしたが、長谷川守知などが裏切り、敵を城内に手引きしたため、9月18日に佐和山城は落城となりました。

この時、石田三成の父・石田正継と石田正澄(石田三成の弟)は自刃。
石田三成の正室・うた(皎月院真田昌幸の正室・山手殿の妹)は家臣・土田桃雲が介錯し、天守に火を放ちました。
板坂卜斎の記録によると、落城した佐和山城内には蓄えの金銀は少なかったとあります。

小谷城の北方へと逃亡していた石田三成も9月21日に田中吉政によって捕えられています。

関ヶ原の戦いのあと、佐和山城主になったのは、徳川家康の重臣・井伊直政です。
しかし、領民が善政を敷いた石田三成を慕っていた事からか?、はてまた、石田三成の悪霊がいるなどの噂からか?、井伊直政は佐和山城の事を嫌ったと言われています。
もっとも、井伊直政は関ヶ原にて鉄砲傷を受けており、経過が悪かったことから、ラクな平地に城を求めたのかも知れません。

井伊直政は、徳川家康の許可を得て彦根城の築城を開始しますが、彦根城は防衛上の要でもあったため「天下普請」として近隣の諸藩が工事を担当しました。

井伊直政は1602年に亡くなりますが、家督を継いだ井伊直孝のときである1603年から彦根城が築城開始されます。
1606年に建設途中の彦根城に井伊直孝が入ると、佐和山城は廃城となりました。

佐和山城への登り方

佐和山城の大手は南側で、水堀?もあったようです。
また、東側にも登城口がありますが、いずれの方面からも訪れる人は少なく、現在は途中から道がヤブになっているようです。

佐和山城ハイキングコース

そのため、現在、佐和山城へ登るには北西側にある「彦根・龍潭寺」の境内から入る方法が一般的です。

彦根・龍潭寺の参道

現在、龍潭寺の境内から佐和山の山頂まではハイキングコースとして整備されており、彦根城や琵琶湖などが一望できます。

佐和山城への登り方

JR彦根駅からだと、レンタル自転車(レンタサイクル)で約15分の距離です。
駐車場は下記地図のポイント地点にある、彦根市の無料駐車場が利用できます。
トイレも駐車場にあります。

さて、彦根・龍潭寺の境内に入って行きますが、参道脇には石田三成の銅像もありました。
石田三成のファンの方が設けたそうです。

石田三成の銅像

下記は近年に建立された供養塔のようで、石田三成群霊供養塔と呼ばれています。

石田家の供養塔

また、中門などに、佐和山城への進み方などが掲載されていました。

彦根・龍潭寺から佐和山城

彦根・龍潭寺へは基本的には朝9時~16時?に入れるようです。
この龍潭寺が佐和山の全山を所有しており、登山は無料開放なさっておられます。
道なりに境内を進むと正面に下記の大洞観音堂が見えてきます。

龍潭寺の大洞観音堂

その大洞観音堂の右脇奥へと進んで行きます。
境内で迷う方がいるのか?、案内があり、分かり易かったです。

佐和山城への登山道

麓の龍潭寺から佐和山城の本丸へは、徒歩20分の登りとなります。
スニーカーなどでも大丈夫ですが、今回は小谷城などにも登る為、トレッキング・シューズ、トレッキングポール(ストック)、そして登山用ズボンの装備を準備しました。

佐和山城へのハイキングコース

案内通りに境内奥へと進むと、古い墓地になっており、その間を抜けて進みます。

佐和山城の登山道

やがて、道は登坂となり、人ひとりが歩けるほどの山道をせっせと登って行きます。
日頃、運動不足の小生には堪えます。
夏場は水分補給と虫除けの対策があると良いでしょう。

龍潭寺越えの峠

この道は「龍潭寺越え」と呼ばれた、かもう坂通りの往還で、上記写真がその「峠」となります。
峠を右手(南)に進むと、佐和山城の本丸方面となります。

佐和山城の登山道

整備されており歩きやすいですが、この手の山城の場合、落ち葉があると足元が滑りやすいですので、注意して歩いてください。

佐和山城の登山道

下記は塩硝櫓跡です。
大きな穴が開いていましたが、昔からあったと言う事です。
また、彦根藩に残る絵図では「塩櫓」と記載されている事から「塩」を保管していた見るのが正しいようです。

佐和山城の塩硝櫓跡

途中、竹林を抜けて行きます。

佐和山城の竹林

すると、佐和山城の西の丸に到着しました。

佐和山城の西の丸

佐和山城の城域の配置は下記のような感じです。

佐和山城址

更に本丸方面に歩いて行くと、ちょっとした堀切もありました。

佐和山城の堀切

そして、本丸へは最後の登りとなります。

佐和山城の本丸へ

本丸のすぐ手前までやってきました。
使われていた石垣などは、彦根城の新築時に再利用されました。

佐和山城の本丸

佐和山城の本丸です。
井伊直政が山頂部を14mも削ったとされていますので、石田三成の頃の山頂は、もっと狭かったものと推測致します。

佐和山城の本丸

下記は佐和山城から彦根駅方面の展望です。

佐和山城からの展望

もちろん、彦根城の国宝天守も見えます。

佐和山城から彦根城を望む

佐和山城跡を示す石碑なども設置されていました。

佐和山城跡

佐和山城の供養碑

佐和山城の案内図

彦根・龍潭寺にある茶室は、佐和山城の城門を再利用したとされており、庭園と共に別途有料拝観できますので、佐和山城の登山前後にでも是非見学なさってみて下さい。
また、龍潭寺の隣にある清凉寺は、石田三成の重臣・島左近の屋敷跡とされますのでセットで見ておきましょう。
以上のコースでの往復であれば、龍潭寺と清凉寺も見学して、所要時間約60分といったところです。

彦根・宋安寺~佐和山城の大手門が移築されている名刹
磯野員昌~織田勢に肉薄した近江の猛将と磯野行尚
堀秀政~かなり有能な武将なれど注目されていないのはもったいない?
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将
大谷吉継の雄姿~関ヶ原の戦いでも石田三成に加勢
丹羽長秀~織田信長と豊臣秀吉から厚い信頼を受けた重臣
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
彦根城~国宝・彦根城の魅力とその防御陣形
彦根・龍潭寺と清凉寺【井伊家菩提寺と島左近屋敷跡】
石田三成出生の地である石田屋敷跡と石田一族供養塔~三碗の才の大原観音寺
堀尾吉晴とは~仏の茂助と呼ばれた豊臣家最古参の名将
琵琶湖東岸の湖北・湖東にある戦国時代史跡スポットを巡る1泊2日の旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  3. 小少将小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…

人気の戦国武将

  1. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康(とくがわ-いえやす)。戦国の世に生まれ…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る