沢山城(三輪城)の訪問記、登城口と地図・写真も



沢山城(たくさんじょう)(三輪城)は、東京都町田市にある城址です。

鶴見川河岸の丘陵の先端付近を広く使っている城で、主郭と考えられる南東端の曲輪の高いとこには、七面堂があり、恐らくは櫓台であったと推測致します。
沢山城(三輪城)の築城年代や築城者など、詳しい事は不明である謎の城です。
三輪の地名由来としては、元応年間(1319年-1321年)に、大和国城上郡三輪から、斎藤氏・矢部氏・荻野氏が、この広袴郷に移り住んだことによるとされます。



小田原・北條氏が相模国を得たころの広袴郷は、成瀬城でも出てくる小山田弥三郎の所領だったと考えられます。

1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際には、八王子城主・北条氏照(北條氏照)より三輪から兵糧を小田原城へ送るよう書簡が見受けられるため、北条氏照の家臣が三輪城主であったと考えられ、今でも麓にお住いの萩野氏が城主だったのではとする説もあります。

なお、その書簡では大石筑前の部下に兵糧を渡すようにとあります。
この大石筑前守は、北条氏照が発行した別の書状宛名として「大石筑前守殿・横地与三郎殿・間宮若狭守殿、氏照花押」とある古文書も見受けられるため、北条氏照の重臣であることは間違いありません。
なお、この大石氏は、滝山城主であった大石一族の武将と推定できます。

沢山城(三輪城)

上記は、南側からの見た沢山城(三輪城)の丘陵です。
北側は鶴見川が流れており、比高30m~40mとなります。

沢山城(三輪城)

登城口の階段を上がり、沢谷戸自然公園と隔てるフェンスの脇を道なりに進んで行きます。
各写真はクリックすると拡大します。

沢山城(三輪城)

複雑な地形になっているようで、土塁?とも、切通しとも思われる場所もありました。
城主は萩野氏の他、三輪氏とする説もあります。

三輪城

どんどん進むと、やがて曲輪が見えてきます。

三輪城

沢山城(三輪城)

上記は二の丸と言って良いでしょうか?

沢山城(三輪城)

その二の丸の先には主郭櫓台と考えられる七面堂があり、標高72.5mと一番のピークになっています。

沢山城(三輪城)

上記は主郭と思われるところです。

沢山城(三輪城)

空堀のようなところもありました。
三輪城の東側の道路沿いには、白坂横穴古墳群もあるそうです。

沢山城(三輪城)

なお、沢山城は萩野家所有の私有地ですが、七面堂への参詣ということでのご厚意により見学できます。
ただし、歩行できる通路以外は「立入禁止」とあちこちに看板があり、また団体での見学はお断りとなっていますので、ルールは守り訪問するようお願い申し上げます。
また、マムシ注意ですので、夏場でも長ズボン・登山靴など、足元はしっかりした装備がお勧めですが、虫よけも必須です。

沢山城(三輪城)への登城口

沢山城(三輪城)への登城口(上記写真)は、下記の地図ポイント地点となり、階段を上がって行きます。
他にも北側からも登れるようです。

沢谷戸自然公園には駐車場がないのですが、公園の南側から西方面の場所は、宅地造成の分譲を失敗したような場所で「畑」となっており、その公園脇の道路は駐車禁止にはなっていません。
タクシーもトイレ休憩などで止めていましたので、小生もその辺りに車を止めさせて頂きました。
もちろん住民の方にご迷惑にならないよう止めましょう。
公園の中を西へと歩いて行けば、登城口(入口)となります。

成瀬城もセットでどうぞ
小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  2. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  4. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  5. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る