小田顕家と小田朝興とは~小田顕家が隠居した種垂城



小田顕家(おだ-あきいえ)は、常陸・小田城主の小田家一族と考えられています。
もし、小田家の一族でしたら、恐らくは騎西城主の跡取りとして婿養子にでも入ったのかな?と言う気が致します。

1502年頃には騎西城主となった小田顕家は、その後、忍城主である成田親泰に屈します。
そして、成田親泰の次男・成田助三郎(成田朝真)を養子に迎えると、上種足・百石(地名)にて隠居しました。



その隠居先がココ種垂城だと推測できます。

種垂城(たなだれじょう)は、1455年頃に菖蒲城の支城・出城的役割として築城された平城と考えられています。

1539年、小田顕家が死去すると、菩提寺の雲祥寺(川里村)に葬られました。

ちなみに、騎西城主となった成田助三郎は小田朝興(小田家時)と改名しています。
小田朝興(おだ-ともおき)は、1563年に上杉輝虎(上杉謙信)が騎西城(私市城)を攻めて落城した際の城主でもあったと推定できますが、詳しい事は不明です。

種垂城

忍城は北西約8キロで騎西城は近く北西約3キロとなります。

発掘調査では、室町時代の陶磁器や漆椀などが出土しているため、戦国期まで使用されていたようですが、詳しい城主などは不明です。

現在は種垂城址公園として整備されており、城跡として保存されていますが、もともと遺構は乏しかったようで、城跡として感じ取れる箇所はほとんどありません。

また、種足(たなだれ)と言う漢字に地名も変わっています。

種垂城の無料駐車場は下記の地図ポイント地点です。
道がちょっとわかりにくいですので、地図をよく見てご訪問願います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  3. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  5. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  2. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…
  4. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  5. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る