田代城と細野城(新野城)~神奈川県愛川町


スポンサーリンク
スポンサーリンク

田代城は、小田原北条氏家臣の内藤下野守秀勝(内藤秀勝)が半原・田代・角田を領して1555年~1558年位に築城されたと考えられる。
田代中学校付近には居館が構えらたと考えられ、背後の山には、狼煙台が設けられたようだが、行政の拠点としたようだ。

田代城跡

細野城(新野城)は、愛川町役場の裏山で、田代城から中津川を挟んだ対岸にある標高170mにある山城で、防御目的の城。
築城は田代城から少しあとになる1557年~1570年くらいとされ、同じく内藤秀勝が築城したようだが、田代城・細野城についてはハッキリとはわかっていない。

 スポンサーリンク


内藤氏は津久井衆である内藤氏の支族と考えられ、内藤秀勝は小田原北条氏の家臣として半原・田代・角田を137貫を知行した。
内藤秀勝には子の内藤秀行(内藤三郎兵衛秀行)がおり、またその子には内藤定行と、代々受け継いだようだ。
半原の勝楽寺には内藤秀行の墓があり、清雲寺も内藤秀行の開祖とされており、内藤秀行が田代城に居たのは間違えない。
なお、津久井城最後の城主説の1人である内藤綱秀は、この田代内藤氏から出たとも考えられていることからも、田代城や細野城(新野城)は、津久井城と小田原の連絡中継点として支城的役割を持っていたものと考えられる。
1569年、武田と北条の戦「三増峠合戦」の主戦場にほど近く、合戦史料に田代城や細野城の名前こそ出てこないが、地元では内藤秀行の代の時であり、武田信玄によって三増峠の戦いの直前に落城したと言われている。田代城は三増合戦後に廃城となったようだ。
また、内藤氏は小田原北条氏の没落に殉じ、その後の消息は不明である。
津久井城については、津久井城と三増峠の戦いのコーナーをご覧頂きたい。

訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  4. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  5.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…

人気の戦国武将

  1. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  4. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る