田代城と細野城(新野城)~神奈川県愛川町



田代城は、小田原北条氏家臣の内藤下野守秀勝(内藤秀勝)が半原・田代・角田を領して1555年~1558年位に築城されたと考えられる。
田代中学校付近には居館が構えらたと考えられ、背後の山には、狼煙台が設けられたようだが、行政の拠点としたようだ。

田代城跡

細野城(新野城)は、愛川町役場の裏山で、田代城から中津川を挟んだ対岸にある標高170mにある山城で、防御目的の城。
築城は田代城から少しあとになる1557年~1570年くらいとされ、同じく内藤秀勝が築城したようだが、田代城・細野城についてはハッキリとはわかっていない。



内藤氏は津久井衆である内藤氏の支族と考えられ、内藤秀勝は小田原北条氏の家臣として半原・田代・角田を137貫を知行した。
内藤秀勝には子の内藤秀行(内藤三郎兵衛秀行)がおり、またその子には内藤定行と、代々受け継いだようだ。
半原の勝楽寺には内藤秀行の墓があり、清雲寺も内藤秀行の開祖とされており、内藤秀行が田代城に居たのは間違えない。
なお、津久井城最後の城主説の1人である内藤綱秀は、この田代内藤氏から出たとも考えられていることからも、田代城や細野城(新野城)は、津久井城と小田原の連絡中継点として支城的役割を持っていたものと考えられる。
1569年、武田と北条の戦「三増峠合戦」の主戦場にほど近く、合戦史料に田代城や細野城の名前こそ出てこないが、地元では内藤秀行の代の時であり、武田信玄によって三増峠の戦いの直前に落城したと言われている。田代城は三増合戦後に廃城となったようだ。
また、内藤氏は小田原北条氏の没落に殉じ、その後の消息は不明である。
津久井城については、津久井城と三増峠の戦いのコーナーをご覧頂きたい。

訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  3. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…

人気の戦国武将

  1. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  4. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  5. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る