横須賀城(遠江)訪問記・写真集~見応えのある城郭遺構


スポンサーリンク
スポンサーリンク

遠江の横須賀城は、徳川家康の命を受けた大須賀康高が1582年6月3日に築城した城です。

大須賀康高は、武田勝頼が1574年に高天神城を陥落された際に、浜松城に逃れてきた将兵の1人です。

高天神城に対抗するため、徳川家康はまず1574年8月1日に馬伏塚城を大須賀康高に改修させました。
その後、より高天神城に近い、この水軍の拠点もあった横須賀湊に城を築いたのです。

戦国時代の頃の横須賀城は、小笠山丘陵の先端部でして、南側はすぐ海で、東と西も入江(海)や沼に囲まれた要害でした。
城内には船着場もあったと言います。

横須賀城

横須賀城

写真でご覧頂ける通り「玉石積み」とよばれる、天竜川の河原石を用いた石垣になっており、これは日本の城としては大変珍しい石垣になっています。
1996年に復元されました。

横須賀城

横須賀城

また、普通であれば1つしかない大手門が、この横須賀城には東西の両方にあったと言います。

横須賀城の天守台

上記は本丸の天守台跡です。

横須賀城の全体図

横須賀城の西の丸脇

上記は西ノ丸下から撮影。

横須賀城の本丸下

上記は本丸下から撮影。そんなに高くない平山城です。

横須賀城の松尾山

上記は、北の丸から望んだ松尾山ですが、この松尾山もそんなに高い山ではありません。

横須賀城の松尾山の郭

松尾山の上はこんなかんじでした。

松尾山から望む横須賀城

上記は、松尾山から撮影した、本丸です。

横須賀城の三日月堀

横須賀城の三日月堀

上記2枚は、本丸脇にある、三日月堀です。
そんなに大きくはありません。

 スポンサーリンク


1581年に、徳川勢が高天神城を奪った後は、高天神城は廃城となり、この横須賀城が遠州南部の拠点となりました。

1590年、豊臣秀吉小田原攻めで、徳川家康が関東に移ると、横須賀城は渡瀬繁詮に与えられましたが、領民は重税に苦しんだと伝わります。

江戸時代には「横須賀藩」が成立し、榊原康政の嫡男・大須賀忠政が初代藩主となっています。

江戸時代には三層四階の立派な天守があったようですが、1707年の東海地震で崩落してからは再建されなかったようで、海岸線も隆起して海が遠のいてしまったため、用水路を作って堀代わりにしたようです。

横須賀城の見学所要時間や行き方はこちら
大須賀忠政~8歳にして横須賀城主に抜擢された徳川家臣
榊原康政とは~武勇と知勇を馳せた徳川家の重臣

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 15日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。父は小谷城主・…
  4. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  5. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。…
  2. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  3. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  4. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。…
  5. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る