若神子城の烽火台~武田や北条が利用した陣城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 若神子城(わかみこ)は武田勢が諏訪方面や佐久方面に出陣する際には、だいたい立ち寄って1泊した城です。
 また、武田の狼煙ネットワークとして、佐久・諏訪口方面からの狼煙中継点となりました。

 なお、天正壬午の乱の際、北条氏直ら43000の軍勢が入った若神子城は、どうも?ここだけでは入りきらず、北城・古城(大城)・南城と3箇所に分散したようです。

 若神子城

 今回、訪問したのは「須玉町ふるさと公園」になっている「大城」です。

 若神子城

 若神子城

 上記は、若神子城の本丸部分です。
 周辺の遺構も余り明確には残されていないようです。
 北城、南城にも若干の遺構があるようですが、発掘調査しても明確では無かったと言う事なので、パスしました。

 つるべ式狼煙台

 つるべ式狼煙台(烽火台)が復元されています。
 川中島から甲府まで、約2時間で伝達できたと言います。
 天正壬午の乱では北条氏直らが本陣を置いて、新府城徳川家康と対峙しました。

 若神子城からの展望

 見学所要時間は30分といったところです。
 トイレもあります。

 スポンサーリンク


 若神子城への行き方ですが、武田信玄時代に使用された若神子城は下記の地図ポイント地点から「須玉町ふるさと公園」の無料駐車場に入れます。
 アクセスは旧道(棒道)からの方になりますので、ご注意願います。

 

天正壬午の乱の全容~神流川の戦いから北条・徳川の勢力争い
武田信玄と武田家ゆかりの城・寺院・合戦場・隠し湯など一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。通称は杉目御前、笑窪御…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…
  3. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  5. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。大坂冬の陣に参加して欲し…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。 武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…
  4. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。…
  5. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る