山形城は広く壮大な城郭だった?~山形城の訪問記


スポンサーリンク
スポンサーリンク

山形城は、1357年に斯波兼頼が築城したとされる輪郭式平城。
別名は霞城(かじょう)、霞ヶ城(かすみがじょう)とも。

斯波兼頼は北朝方である奥州探題・斯波家兼の2男で、南朝方の大江氏などを攻略するために山形へ入り、山形城の前身を築いた。

 スポンサーリンク


この斯波兼頼の子孫は、やがて「最上氏」を称するようになり、代々、山形城を居城としている。
特に、戦国時代となった最上家11代当主・最上義光のときには、城郭が拡大されて三の丸ができ、家臣団の屋敷なども置かれた。
そして、関ヶ原の戦いによる功績で最上義光は57万石の大々名となると、実質100万石の城下町として山形は繁栄することになる。

山形城の水堀

その後、最上家信(最上義俊)のとき、家中不取締りによって最上家は改易され、あとには鳥居忠政が24万石にて山形城に入った。
この鳥居忠政が山形城の本丸と二の丸を改築しているため、現在の二の丸跡などは鳥居氏時代の遺構と言える。
しかし、山形城の城郭としては日本国内で5番目の広さとされ、二の丸には5つ、三の丸には11の出入り門があり、奥羽では最大の城である。
山形城外郭である三の丸と、内郭となる霞城公園は、姫路城の外郭や姫路城内曲輪よりもそれぞれ広い。

山形城の内堀

現在は霞城公園となっているが、本丸、二ノ丸跡(霞城公園)、三ノ丸跡の一部が、国の史跡に指定されている。

山形城

二ノ丸東大手門は史実に基づいて木造建築で1991年に復元された。
門の規模は、江戸城の門に匹敵する。

山形城の東門

山形城

本丸は御殿のみで天守はなかったが、二ノ丸に御三階櫓があったと言う。
下記は最上義光の銅像。

最上義光の銅像

明治になり陸軍が埋めた堀も、最近は発掘して復元するなど、山形市や山形県も積極的に山形城の整備を行っているようだ。

山形城

2013年には、本丸大手門枡形内の高麗門と土塀が復元された。

山形城

本丸全体の発掘調査は、2033年に終了する予定だと言い、その後、本丸北枡形が復元される予定。

山形城の内堀

山形城は、城域全体が都市になっており、山形城の本丸より城下町の方が高い場所に作られていると言う、日本全国でも珍しい築城となっている。

山形城

本丸の内部は冬季閉鎖されていて、外からしか撮影できなかった。

山形城の本丸

下記は「修羅」で、このように石垣の意思を運搬したと言う見本となっている。

山形城の石垣の石

下記写真の建物は、山形市郷土館として移築された旧済生館病院本館。

山形市郷土館

なんでも、明治6年に私立病院として建設されたらしい。

山形城の郷土館

最上義光が仮病をつかい、谷地城主・白鳥十郎長久を山形城に誘き寄せて殺害した際に、白鳥十郎長久の首を置いたと言われる「首洗い石鉢」が、郷土館の建物左脇に現存する。
下記がその首洗い石鉢。

首洗い石鉢

どうして霞城と呼ばれるのか?
山形城が別名「霞城」と呼ばれる由来を調べてみた。
これは、長谷堂の戦いを演じた直江兼続が、富神山の麓から山形城を10日間ほど見ていたが、霞がかかってずっと見えなかったことから「霞城」と呼ばれるようになったとされているとの事。
下記は、斯波兼頼のレリーフ。

斯波兼頼レリーフ

山形城の見学所要時間は、私の場合で30分であったが、本丸が公開されている時期はプラスして時間を考えて頂きたい。

山形城への行き方・アクセス

徒歩であれば東西南北から山形城に入れるが、車の場合には「北門」からしか進入できない。
山形城内は、一方通行の箇所もあるので、走行には注意しよう。
下記の地図ポイント地点に車を止めて、見学すると便利。

最上義光とは~羽州の狐・虎将と呼ばれた勇将【詳細版】
駒姫と専称寺~東国一の美女とされた悲劇の駒姫の墓
長谷堂城の戦い~激戦となった長谷堂城の訪問記
義姫とは~2度も合戦場に出向いて停戦させるも伊達政宗毒殺事件は捏造か?
米沢城・山形城・白石城・二本松城のレンタカー1泊2日の旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  3. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  4. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  3. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  4. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る