尾引城(横尾城)・曲尾城(千古屋城、根小屋城)・洗馬城へのアクセス


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行、おまけのおまけ写真集です。

 今回の移動途中に、狭い道をカーナビ頼りにちょっと寄り道しまして、遠景だけではございますが、真田の里の支城を撮影して参りました。

尾引城(横尾城)

 信綱寺への入口付近にある昔からありそうな城が尾引城(横尾城)で、横尾采女正が築いたとされます。
 標高は750m、比高は80m程です。

 尾引城

 下記地図のポイント地点から登れるようですが、周辺の道は狭く、駐車場がありません。
 どうしても登りたいのであれば、真田の日帰り温泉に止めて行くと良いかも知れませんね。

 

曲尾城(千古屋城、根小屋城)

 砥石城の支城として1533年頃に村上義清が築いたとされます。
 標高は770m、比高100mで、高い方が根古屋城、低い方が千古屋城と呼ばれていますが、両方合わせて曲尾城ともあり、呼び方やそれぞれを1つの城として見るのかなど、様々な説があるようです。
 現在、明確な遺構は残されていないとの事。

 千古屋城

 真田幸隆の手で砥石城が落城すると、武田家・山県昌景の与力である大熊朝秀(大熊備前守朝秀)が城主になったようです。
真田の里の城ですので、当初は、真田幸隆も武田信玄に信頼されていなかったのかも知れませんね。
 千古屋城(根小屋城)の麓は、このページのトップ写真のように、岩の断崖になっていました。
 いずれも登山道はあるようですので、登れます。

 スポンサーリンク


洗馬城

 洗馬城は傍陽小学校の北西にある、標高800m程の山で、遊歩道が整備されているようです。
 比高は100mほど。

 洗馬城

 誉田足玉神社に車を止めさせて頂いて、傍陽小学校に歩いて行くと登山道入口があるとの事です。
 傾斜も、あまりキツクないようでして、5分ほどで主郭に到達できるとの事です。

 砥石城など真田の里を観光する際のヒントにどうぞ。
 → 真田の里紀行はこちら 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 11月 23日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  3. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  4.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  5. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…

人気の戦国武将

  1. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  2. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう?状況的には豊臣秀吉が父親であ…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。ま…
  5. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る