甲冑寸劇SacTさんによる石橋山の戦いなどの再現劇【湯河原ぶらん市】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

JR東海道本線の湯河原駅からもほど近い、湯河原駅前通り「明店街」が開催する「湯河原ぶらん市」。
約3ヶ月ごとに、の~んびり、ぶ・ら・ぶ・らと気軽に買い物や食事を楽しんでいただこうと、歩行者天国にした道路にて、地元の個性豊かなお店が、約40店ほど露店出店致します。

そんな湯河原のお祭りにて、山木襲撃や石橋山の戦いなどの演目を、甲冑寸劇にて再現すると言う事で、さっそく行って参りました。

 スポンサーリンク


石橋山の戦いを寸劇にて演じるのは、甲冑寸劇SacTの皆様です。
源氏の源頼朝、平家軍・大庭景親だけでなく、地元湯河原の土肥城主・土肥実平、石橋山合戦では有名な佐奈田与一(真田与一)や梶原景時、あと、文三家康(文三家安)もきちんと登場していました。
ストーリー(脚本)も、しっかりしており、演じられる皆様の衣装もそうですが、プロの方ではないのに、熱演なさっている皆様の表情も素晴らしかったです。

甲冑寸劇SacT

これだけでも、事前に稽古をしないと無理ですし この日は、2回、寸劇を披露するとの事で、大変お疲れ様です。
動画も撮影して参りましたので、よければご覧ください。
※下記をクリック願います。

※上記のHD動画は、もしかしたら、Facebookの規定でUPした元の「グループ」に入らないと見れないのかも?知れません。(フェイスブック、よくわからないのですみません。)その時は、遠慮なく「戦国武将好きのFacebook仲間」にご申請願います。

さて、湯河原ぶらん市の方は、干物を焼いたものが100円、ビビンバ丼が600円など、お手ごろな価格で、おいしそうな食べ物やビールなどの販売もあり、お勧めです。
近くでしたら、毎回、行きたくなるようなイベントでした。約3ヶ月毎に開催されているようです。
皆様も機会がございましたら、是非、訪れてみてはいかがでしょうか?

石橋山の戦いについては以前からの記事をどうぞ
Sactさんに参加して武将出演しませんか?(初心者歓迎です)
SactさんのHPでは、湯河原の募集告知がされていない場合がありますが、通年・随時募集しています。(人数が足りなく困っているとの話も?)ご希望の場合、当方にコメントなどでお問い合わせいただければ、予定日など確認のお手伝いもさせて頂きます。

JR東海道本線の湯河原駅からも徒歩3分くらいで、便利ですよ。

開催場所は下記の地図ポイント地点となります。

当方では、このような歴史イベント・お祭りの「告知サイト」制作・プロデュースも日本全国対応で承っております。
集客するためにはインターネット上での告知も、単に行っただけでは足りません。
アクセス数を得られるプロデュースも、格安から本格的までご予算に応じて対応も致します。
イベント当日には、ちょっとした戦国グッズの露天販売の出店も可能です。(ほんとに少しだけですが)
高田までお問い合わせ願います。

土肥実平と土肥遠平(小早川遠平)~湯河原・城願寺の土肥一族の墓
甲冑劇SacTさんの戦国武将・鎌倉武士などの合戦劇活動・武者行列ご紹介

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  4. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  5. 小少将小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…

人気の戦国武将

  1. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。…
  4. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  5.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る