投稿者プロフィール

拾丸拾丸

幼い頃から歴史が好きで大学では歴史を本格的に学んでいました。
武将たちの隠れた素顔や生い立ちをわかりやすく伝え、それをきっかけに歴史を好きになってもらえたら嬉しいです。

拾丸一覧

  • 妙印尼輝子

    妙印尼輝子 老いて最強の女性戦国武将 赤井輝子

    近年では戦国無双や信長の野望などのゲームや大河ドラマで女性の戦国武将がいることが世間一般に知れ渡ってきました。 有名所でいうと井伊直虎や立花誾千代などが上げられますが、実は非常に異彩を放った女性の戦国武将もいました。 …
  • 宇都宮広綱

    宇都宮広綱 何度も下克上を受けた不遇な武将

    栃木県宇都宮市にある宇都宮城址公園。 その宇都宮城にゆかりある一族宇都宮家は戦国時代中期から安土桃山時代にかけて前途多難な道筋を歩んできました 今回は戦国時代中期に宇都宮家の舵を握った宇都宮広綱(うつのみやひろつ…
  • 武田信勝

    武田信勝 織田信長と武田信玄を祖父に持つ御曹司 

    甲斐武田家の最後の当主は?と聞かれると誰もが一番初めに武田勝頼を思い浮かべると思います。 しかし、甲斐武田家滅亡直前に勝頼は当主を降りており、息子の武田信勝(たけだのぶかつ)に家督を譲っていました。 今回はあまり…
  • 武田信廉

    武田信廉 武田信玄の影武者 画家としての才能も

    武田信廉(たけだ-のぶかど)と言う武田信玄の弟がいますが、戦国時代では名が知れば知るほど暗殺のリスクが高まってしまいます。 戦国武将たちはそのリスクを回避するためにあるものを用意しました。 それは影武者です。戦国…
  • 武田義信の墓

    武田信玄暗殺未遂事件 義信事件から見る武田義信

    甲斐の虎と呼ばれ、徳川家康を恐れさせた武田信玄には家督を継ぐはずだった息子(嫡男)がいました。 名前は武田義信(たけだよしのぶ)ですが、信玄に謀反を疑われたことで廃嫡とされてしまい家督継ぐことはありませんでした。 …
  • 弥助 信長に仕えた黒人の武士

    戦国時代に天下布武を掲げて戦った織田信長の元に黒人の家臣がいました。 名前は弥助でテレビやゲーム「仁王」や「信長の野望」で名前を見たことがあり、存在を知っている方は少なからずいるかもしれません。 また、海外で…



ピックアップ記事

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  4. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  5. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  6. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  7. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
ページ上部へ戻る