タグ:埼玉

  • 天海とは~徳川家の参謀として暗躍した生涯と川越の喜多院の見どころ

    天海(てんかい)は、1536年?に生まれたとされる天台宗の僧で、南光坊天海、智楽院とも呼ばれます。 出身は陸奥国会津郡高田の郷と考えられ、三浦氏を祖にする蘆名氏の第12代当主・蘆名盛高(蘆名修理太夫平盛高)の一族で、舟…
  • 難波田城と難波田憲重とは~難波田氏を継承した難波田憲次も

    難波田城(なんばたじょう)は埼玉県にある平城です。別名は南畑城とも難波田氏館跡とも言います。 鎌倉時代に村山党の金子家範の子である金子高範(金子小太郎高範)が、難波田の地を与えらて、難波田高範と称し、館を構えたのが最初…
  • 滝の城の堀などは北条家特有の縄張り~滝の城の訪問記

    滝の城(たきのじょう)は、滝之城、瀧之城とも書きますが、本郷城とも呼ばれる平山城です。 埼玉県所沢市に位置しますが、ほとんど東京都清瀬市に近い柳瀬川の北岸にある崖の上で、東川にも挟まれたこの辺りでは随一の要害です。…
  • 小田顕家と小田朝興とは~小田顕家が隠居した種垂城

    小田顕家(おだ-あきいえ)は、常陸・小田城主の小田家一族と考えられています。 もし、小田家の一族でしたら、恐らくは騎西城主の跡取りとして婿養子にでも入ったのかな?と言う気が致します。 1502年頃には騎西城主とな…
  • 神流川の戦いの現場を往く~美学にこだわった滝川一益の撤退戦

    ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。 武田滅亡後の旧領のうち、上野(群馬県)一国と信濃(長野県)の二郡を与えられ、厩橋城(まやばし・のちの前橋城)主として…
  • 栗原城(鷲宮城)と関東最古と言われる鷲宮神社

    栗原城(鷲宮城)は埼玉県久喜市鷲宮にあったとされる城ですが、明確な位置は不明で、鷲宮神社の裏手にあったとされる平城です。 上記トップの写真は、栗原城(鷲宮城)の推定場所を撮影したものです。 空堀りがあったとされま…
  • 騎西城(私市城)~土塁も残る成田氏傘下の城跡

    騎西城(きさいじょう)は、埼玉県加須市にある平城です。別名は私市城(きさいじょう)、根古屋城とも呼びます。 1455年に、古河公方・足利成氏が、深谷上杉家の長尾景仲と庁鼻和性順(こばなわ-せいじゅん)が守る騎西城を…
  • 花崎城~湧水で綺麗な水堀と空堀がある遺構

    花崎城(はなさきじょう)は、埼玉県加須市花崎にある平城です。 栗原城(久喜市)の支城と言う位置づけだったようですが、1561年4月に長尾景虎(上杉謙信)が小田原城の北条氏康を攻めます。 その帰り道である8月になっ…
  • 武蔵・菖蒲城とクイズの神様で知られる久伊豆神社?

    埼玉県久喜市菖蒲町新堀なある菖蒲城(しょうぶじょう)は、古河公方・足利成氏の家臣である金田氏の居城で、1456年に金田式部則綱が築城した平城です。 竣工が5月5日の菖蒲の節句だったことから、菖蒲城と名付けられたともされ…
  • 武蔵・加納城~桶川に残る堀跡と土塁

    埼玉県桶川市加納にある武蔵・加納城は、戦国時代頃までに使用された平城と考えられています。 鴻巣七騎と称されたひとりである、本木氏の居城(館跡)であったと推定されています。 本木家は、岩槻城主・太田家に仕えてい…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…
  3.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  4. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。 今川義元の大軍に、…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る