カテゴリー:女性

  • 明智倫 (明智倫子、お倫)/明智きし~明智光秀の長女

    明智倫(明智倫子)は明智光秀の三男四女の長女であるが、本当に「お倫」と言う名であったかは不明。 大河ドラマ「軍師官兵衛」では、女優・石橋杏奈さんが演じた「明智倫」としてここではご紹介したいが、2020年の大河ドラマ「麒…
  • お鮮 (おふく) ~宇喜多直家の継室

    お鮮は宇喜多直家の継室。1549年に生まれた。 出自は、鷹取氏又は三浦氏の娘と考えられる。 名前は「お鮮」「お福(ふく)」「太万」など諸説あるが、院号は円融院(えんゆういん)。 お鮮の名は、銘五輪塔の法名「法鮮」か…
  • 淀殿(淀の方、茶々)~豊臣家・我が子の為に生涯を全うした強き女性

    淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の方。 お市の方は1567年に浅井長政に嫁いでいた。 1570年、織田信長が越前・朝倉義景を攻めると浅井家と織田家の関…
  • 戦国武将列伝Ω

    中川清秀の正室・稍姫とは?

     稍姫(やや)は、熊野田隠岐守(熊田宗白)の娘。  生年1546年~没年1612年。  熊野田氏は、代々朝廷に仕えて、遣隋使として有名な小野妹子を輩出した小野氏系でしたが、熊野田村(現在の豊中市)に居を構えたため…
  • 土田御前

    土田御前(どたごぜん)とは~信長の母

    土田御前(どたごぜん)を一番分かりやすくご説明すると、織田信長の母親と言えよう。   土田御前は織田信長の父・織田信秀の継室であるが、実名は不明。一説には土田政久(土田治郎左衛門秀久)の娘とも。 織田信長を生ん…
  • お濃(濃姫、お濃の方、帰蝶、鷺山殿)~謎多き道三の娘の生涯

    濃姫(帰蝶)は美濃の大名・斎藤道三の3女で1535年生まれとも。 母は明智光継の娘である小見の方。 兄弟には斎藤利治がいる。斎藤義龍(斉藤義竜)とは異母兄妹。 明智光秀とは従兄妹同士という説もある。 小見の方…
  • 御着城

    お紺~小寺政職の正室(小寺福職の娘?)

     NHK2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」に登場した御着城主・小寺政職の正室「お紺」。  最新の研究では、同族である小寺福職の娘とされるが、この小寺福職の娘は小寺政職の母との記述もある。  ドラマでの小寺政職…
  • 戦国武将列伝Ω

    千宗恩~千利休を支えた妻

     千利休の後妻・宗恩(そうおん)は生年不詳。  名は「おりき」で、元は能役者・宮王三入(観世流の小鼓の名手)の妻。ただし、近年は松永久秀の妻であったとする説もある。  千利休は、この宮王三入から能を習い、親しくしてい…
  • 宝心妙樹と千利休の嫡男・千道安

     千利休の先妻・宝心妙樹(ほうしんみょうじゅ)は生年・本名不詳。  名はお稲で、飯盛山城主・三好長慶の妹とされる。  1542年頃に、千利休へ嫁ぎ、長男・千道安、長女、次女、3女、4女を設けている。  しかし、…
  • 細川ガラシャの悲しい生涯を知って頂きたい(明智珠、明智玉)

    細川ガラシャ(明智珠、明智玉)は、1563年に越前で誕生した。 父は明智光秀で、母は明智光秀の2番目の妻である妻木煕子(つまきひろこ)。 明智光秀は美濃の斎藤道三に仕えていたが、1556年の斎藤道三・斎藤義龍父子…



ピックアップ記事

  1. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  3. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  4. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  5. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  6. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  7. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
ページ上部へ戻る