タグ:のぼうの城

  • 豊臣秀吉とは~農民の木下藤吉郎が天下を取れた理由と天才野心家の実態

    実際の豊臣秀吉とは、どのような人物だったのか? 知られざる豊臣秀吉の「実像」をとことん追求
  • 東慶寺(北鎌倉)~成田家の甲斐姫の墓

     円覚寺に寄ったついでに、すぐ近くにある「東慶寺」を参拝して参りました。  目的は、成田家の姫であり、豊臣秀吉の側室になっていた甲斐姫(忍城城主・成田氏長の長女)の墓のお参りです。  先に、東慶寺について記載させ…
  • 忍城~高源寺~丸墓山古墳~石田堤の訪問記(成田家探訪)

     映画・のぼうの城でも登場した、忍城をこれまで3回訪れたことがありまして、この度、その記録をまとめてみました。 (さらに…)…
  • 北条氏政とは~小田原城主・関東覇者への道のりとその最後

     北条氏政(北條氏政)は、1538年、相模の北条家第3代当主・北条氏康(小田原城主)の次男として生まれた。  母は今川氏親の娘(瑞渓院)で、1535年頃に北条氏康の正室となっていた。  兄・新九郎がいたが、夭折し…
  • 北条氏直とは~小田原 北条氏第5代当主

     北条氏直(ほうじょううじなお)は、相模の戦国大名で小田原城主、後北条氏の第5代当主だ。  生年は1562年で、父は第4代当主の北条氏政、母は正室・武田信玄の長女(黄梅院)、小田原城で誕生した。  戦国大名・北条…
  • 太田三楽斉の娘が嫁いだ忍城・成田氏にまつわる秘話

     豊臣秀吉の小田原攻めの際、同じく篭城していた忍城城主の成田氏長は、忍城を成田泰季に預け小田原城に参陣していたが、蒲生氏郷の調略と太田三楽斉(太田資正)の説得を受けて6月20日に小田原城を出奔し、豊臣秀吉に降伏した。 …
  • 酒巻靱負~成田氏家臣

    酒巻靱負(さかまきゆきえ)  史料が乏しく、小生は最初、架空の人物かな? と思い込んでおりましたが、酒巻靱負はどうやら、実在した成田家の家臣のようです。 (さらに…)…
  • 正木丹波守~成田氏家臣と高源寺

    正木丹波守利英 (正木利英、正木丹波守勝英、正木勝英)  正木氏は、安房国北郡正木郷から起こった在名であり、成田氏家臣の正木丹波守利英は栢間に加え、郷地と笠原を知行していたようだ。  忍城主・成田氏長の家臣。…
  • 成田長親とは~のぼうの城の愉快な主人公

     成田長泰の弟で、兄の子である忍城(おしじょう)城主・成田氏長に仕えた成田泰季の子として1545年に生まれる。  成田氏の本姓は藤原氏。家系は藤原師輔の流れを汲む家柄だ。(鎌倉時代まで活躍した武蔵七党の一つ・横山党出…
  • 成田甲斐【甲斐姫】~成田家の女傑

    豊臣秀吉の側室になった、忍城・成田氏の姫「甲斐姫」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  4. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…

人気の戦国武将

  1. 甲斐の虎・武田信玄の父である武田信虎。 実の息子である武田信玄によって国を追放されたことは、戦国愛…
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  3. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親であ…
  4.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る