酒巻靱負~成田氏家臣


スポンサーリンク
スポンサーリンク

酒巻靱負(さかまきゆきえ)

 史料が乏しく、小生は最初、架空の人物かな? と思い込んでおりましたが、酒巻靱負はどうやら、実在した成田家の家臣のようです。

 羽生市に、上手子林という地名があり、そこの酒巻家(現在15代)に伝わる「酒巻家系図」に、酒巻靱負助と、靱負の弟と考えられる酒巻右衛門次郎の名前が残っています。

 天正十八年六月四日より同月廿八日(28日)まで、武州忍城攻め合戦の時、下忍口の大将酒巻靱負助、手下の軍兵五百余人、大いに戦う。右衛門次郎。同時に城を守る。

 との記述が見受けられます。

 忍城開城後は、松平家臣の富田甲斐守が知行した、羽生の上手子林に土着したようで、富田甲斐守の家臣に加わり、代官を務めていたようです。

 スポンサーリンク


成田長親とは~のぼうの城の愉快な主人公
成田甲斐【 甲斐姫】~成田家の女傑はこちら
正木丹波守~成田氏家臣と高源寺
長束正家~豊臣家で財政を担当した算術に優れた武将
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将
大谷吉継の雄姿~関ヶ原の戦いでも石田三成に加勢
石田三成の忍城水攻め采配と智略
忍城~高源寺~丸墓山古墳~石田堤の訪問記(成田家探訪)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  2. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  3. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る