カテゴリー:大内氏

  • 大内政弘

    大内政弘の解説~天下に名を馳せた西軍の重鎮

    大内政弘とは 大内政弘(おおうち まさひろ)は、室町時代の文安3年(1446年)、大内氏第13代当主・大内教弘の嫡子として生まれます。 幼名は亀童丸 太郎といい、母は山名熙貴の娘で山名宗全の養女でした。 大内政…
  • 陶晴賢の首塚

    陶晴賢の解説 西国無双の侍大将

    陶晴賢(すえ-はるたか)は、戦国時代の大永元年(1521年)周防の大内氏重臣陶興房の次男として生まれます。 陶氏は主家大内氏の庶流であり、興房は周防国守護代として大内義興・大内義隆親子に仕え尼子氏や小弐氏との戦いで勝利…
  • 大内義長

    大内義長の解説 傀儡と言われつつも潔く散った悲運の将

    大内義長(おおうち-よしなが)は、豊後の大内義鑑の次男として戦国時代に生まれます。 母は大内義隆の姉で幼名は塩乙丸、通称は八郎。 兄には大友宗麟、弟には塩市丸がいます。 戦国期、大友氏と大内氏は北九州を巡り対立…
  • 大内義隆

    大内義隆の解説 末世の道者

    大内義隆(おおうち-よしたか)は永正4年(1507年)11月15日大内義興の嫡男として生まれます。 幼名は亀童丸といい母は大内家家臣内藤弘矩の娘でした。 大内義隆は少年時代に周防介の略称で「介殿様」と呼ばれており、こ…
  • 大内義興

    大内義興の解説 武勇仁徳兼備して天命を受けた良将

    大内義興(おおうち-よしおき)は、戦国時代頃の文明9年(1477年)2月15日、応仁の乱に参加していた大内政弘の次男として京都で生まれます。 幼名は亀童丸といい、兄弟には大内高弘がいます。 しかしその兄弟関係や人数は…



ピックアップ記事

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  4. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  5. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  6. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  7. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
ページ上部へ戻る